ヘッドラインニュース

ヒマラヤ原産植物「ムクナ」に強壮作用

 ヒマラヤ原産のマメ科植物「ムクナ(ハッショウマメ)」を継続摂取すると、強壮作用が期待できる――(独)農業環境技術研究所の藤井義晴氏は22日、(社)農林水産技術情報協会主催のセミナーで登壇し、世界の未利用有用植物について講演した。  藤井氏は、インド・ヒマラヤ起源の有用植物「ムクナ」について紹介。ムクナは特殊なアミノ酸を大量に含有し、アーユルヴェーダでは種子を粉末化したものが強壮剤として利用されているという。ラット実験では、ムクナの投与で生殖行動が活発化することが報告されているとした。

関連記事

  1. 米サプライサイド・ウェスト ビタミン、緑茶等目立つ
  2. 厚労省、「消除予定添加物名簿」を官報告示
  3. 健食議連42人に拡大、顧問に町村官房長官ら
  4. SR検証でプロジェクト始動 学識者が適正性を評価
  5. 16年度国民医療費、過去最高の32兆1111億円に
  6. 欧州ヘルスクレーム、来年1月統一へ
  7. 厚労科学研究、「α-リポ酸でメタボリック症候群予防」
  8. 健康食品GMP 取得製造所、100の大台到達へ
PAGE TOP