ヘッドラインニュース

ヒマラヤ原産植物「ムクナ」に強壮作用

 ヒマラヤ原産のマメ科植物「ムクナ(ハッショウマメ)」を継続摂取すると、強壮作用が期待できる――(独)農業環境技術研究所の藤井義晴氏は22日、(社)農林水産技術情報協会主催のセミナーで登壇し、世界の未利用有用植物について講演した。  藤井氏は、インド・ヒマラヤ起源の有用植物「ムクナ」について紹介。ムクナは特殊なアミノ酸を大量に含有し、アーユルヴェーダでは種子を粉末化したものが強壮剤として利用されているという。ラット実験では、ムクナの投与で生殖行動が活発化することが報告されているとした。

関連記事

  1. 厚労科学研究 特保の新利用法を提示 併用で有効性高まる 抗動脈硬…
  2. ファイン、秋の新商品を一挙3品上市
  3. 「白甘藷由来糖ペプチド」で血糖改善
  4. 日健栄協、25日に交流会 「新JHFA構想」を紹介 健食安全性め…
  5. ロート製薬、特保の新素材開発に注力
  6. 食総研、研究成果展示会に700人
  7. 改正特許法・商標法を閣議決定、特許料など引き下げへ
  8. 食品安全委の寺田委員長が辞任、後任に見上氏
PAGE TOP