ヘッドラインニュース

日本人、栄養表示への関心は世界最低

 栄養表示に対する関心が世界で最も低い国は日本であることが、市場調査会社エーシーニールセンが7月29日に発表した、世界38カ国の消費者2万1,100人を対象とした意識調査結果でわかった。  食品購入時に栄養表示を確認するとの回答が多かった国はタイ(41%)、インド(32%)。表示を確認しないとの回答は日本(24%)がワーストワンだった。

関連記事

  1. 東洋新薬、「フラバンジェノール」にダイエット効果
  2. 埼玉県、VE健食の商品テスト 所要量の28倍となる製品も
  3. 健食と保健機能食品の関係、半数以上が知らず 農水省調査
  4. 沖縄発酵と産総研、ナノカプセル化技術を開発
  5. キリンとヤクルト、新会社を設立 「新時代の健食事業を創造」
  6. ビタミン学会、経産省・江崎氏、米ODSら講演
  7. ローヤルゼリー特保、「安全性問題なし」 いよいよ許可へ
  8. 特別レポート 米国「IFT」 「植物プロテイン」「グルテンフリー」席巻 【特別レポート】 米国「IFT」 「植物プロテイン」「グルテンフ…
PAGE TOP