ヘッドラインニュース

日本人、栄養表示への関心は世界最低

 栄養表示に対する関心が世界で最も低い国は日本であることが、市場調査会社エーシーニールセンが7月29日に発表した、世界38カ国の消費者2万1,100人を対象とした意識調査結果でわかった。  食品購入時に栄養表示を確認するとの回答が多かった国はタイ(41%)、インド(32%)。表示を確認しないとの回答は日本(24%)がワーストワンだった。

関連記事

  1. 06年特保市場規模、6%増の6700億円に
  2. 家計調査10月、健食4%増 今年度初のプラス
  3. 国内3社の牛骨ゼラチン、経産省助成事業で安全性立証
  4. 健食懇、新会長に味の素・木村氏
  5. 特保申請品目にアイケア関連
  6. 山梨県、強壮系健食から医薬品成分
  7. 06年健食受託企業調査
  8. 健食と保健機能食品の関係、半数以上が知らず 農水省調査
PAGE TOP