ヘッドラインニュース

日本人、栄養表示への関心は世界最低

 栄養表示に対する関心が世界で最も低い国は日本であることが、市場調査会社エーシーニールセンが7月29日に発表した、世界38カ国の消費者2万1,100人を対象とした意識調査結果でわかった。  食品購入時に栄養表示を確認するとの回答が多かった国はタイ(41%)、インド(32%)。表示を確認しないとの回答は日本(24%)がワーストワンだった。

関連記事

  1. アガリクス販売で薬事法違反の疑い
  2. CRN‐J、コンドロイチンで部会発足
  3. RJ公取協が20周年式典、130人が参加
  4. 16年度、健食苦情3割増、定期購入契約の相談増加
  5. CRN‐J勉強会、大濱氏「法制化の機運は最高」
  6. 1234号(2008年6月6日号)配信
  7. 04年度通販売上高 9%増で3兆円突破
  8. 電通、注目商品5位に「寒天」 CoQ10は女性に支持
PAGE TOP