ヘッドラインニュース

日本人、栄養表示への関心は世界最低

 栄養表示に対する関心が世界で最も低い国は日本であることが、市場調査会社エーシーニールセンが7月29日に発表した、世界38カ国の消費者2万1,100人を対象とした意識調査結果でわかった。  食品購入時に栄養表示を確認するとの回答が多かった国はタイ(41%)、インド(32%)。表示を確認しないとの回答は日本(24%)がワーストワンだった。

関連記事

  1. 大分県、薬店で販売の健食から医薬品成分
  2. ミツバ貿易、沙棘ストレート果汁の供給開始
  3. チャオグループ、3月30日に民事再生申請
  4. 石川県、特商法違反で健食企業に指示
  5. 大阪府、因果関係不明でも健康被害情報を公表 11月から
  6. 西洋ハーブのOTC開発議論、本格化
  7. 米国サプリ産業、GDPに貢献 波及効果含め13兆円に迫る
  8. 食品の機能表示、「一定の傾向」ではダメ  厚労省が見解
PAGE TOP