ヘッドラインニュース

特保併用で抗動脈硬化作用 「大豆蛋白+茶カテキンで」

 厚生労働省はこのほど、「いわゆる健康食品の健康影響と健康被害に関する研究」(主任研究者=国立健康・栄養研究所、斎藤衛郎氏)の平成16年度報告書をまとめた。研究班では、詳細な検討が行われていない「特保の組み合わせ効果」に着目。大豆タンパクを含む豆乳と、高濃度カテキンを含有する緑茶を併用することで、抗動脈硬化作用が強まることを確認した。併用による安全性にも問題はなかったという。

関連記事

  1. 厚労省、健食原料の自主点検でガイドライン
  2. 都調査、健食危害相談が減少
  3. 広島県警、薬事法違反容疑で健食企業社長ら逮捕
  4. 名市大・牧野氏が講演 健康食品、再分類が必要 栄養素と生薬、「区…
  5. 16年度国民医療費、過去最高の32兆1111億円に
  6. 消費者情報ダイヤル、健食関連が約50件
  7. 食品開発展、10月5日開幕
  8. 食品機能性評価支援センター、来月10日に開所式
PAGE TOP