ヘッドラインニュース

青汁市場、店舗ルート好調 機能性青汁や飲料等人気

1000億円市場を形成する青汁市場で、店舗チャネルの売れ行きが好調、昨年にインバウンドの反動で影響を受けたDgSチャネルの売れ行きが好調、昨年にインバウンドの反動で影響を受けたDgSチャネルも回復基調にあることが、健康産業新聞の取材で分かった。財形は粉末だけでなく、グリーンスムージー、ホット青汁、機能性付加タイプなど、新ジャンルの青汁が市場を賑わせている。2016年の青汁市場は前年比4%増の1050億円。9年連続で拡大しており本誌が市場希望を算出している中で唯一1000億円マーケットとなっている。最終製品は・・・

続きは紙面(2017年8月10日発行)で

媒体紹介

関連記事

  1. 沖縄県、平成23年度に健食売上高542億円目指す
  2. 米、抗酸化サプリの有用性議論で火花
  3. 東洋新薬、ビワ葉抽出物「ロイスリン」の体脂肪抑制効果を確認
  4. 厚労省、15年国民健康・栄養調査 健食で栄養摂取量が増加
  5. 健康博覧会、あす27日開幕 メタボ対応商材が集結 出展規模100…
  6. 東京都 健食講習会に1200人超 食薬区分、「毒性データ重視」
  7. 葉酸・VB6「動脈硬化を予防」
  8. アガリクス販売で薬事法違反の疑い
PAGE TOP