ヘッドラインニュース

青汁市場、店舗ルート好調 機能性青汁や飲料等人気

1000億円市場を形成する青汁市場で、店舗チャネルの売れ行きが好調、昨年にインバウンドの反動で影響を受けたDgSチャネルの売れ行きが好調、昨年にインバウンドの反動で影響を受けたDgSチャネルも回復基調にあることが、健康産業新聞の取材で分かった。財形は粉末だけでなく、グリーンスムージー、ホット青汁、機能性付加タイプなど、新ジャンルの青汁が市場を賑わせている。2016年の青汁市場は前年比4%増の1050億円。9年連続で拡大しており本誌が市場希望を算出している中で唯一1000億円マーケットとなっている。最終製品は・・・

続きは紙面(2017年8月10日発行)で

媒体紹介

関連記事

  1. 厚労省、健食安全対策で「成分基準」設定へ
  2. 中国FDA担当官が来日 「CoQ10、効能表示可能」
  3. 食品安全委 リスク評価候補に健食3素材 プエラリア、ニノ、メシマ…
  4. 花粉症売れ筋、トップは「じゃばら」 ケンコーコム調べ
  5. 都、中国製ニセ薬を発見
  6. 厚労省・増田推進官 「成分の届出義務化」報道を否定 「検討予定な…
  7. 健康産業速報ロゴ2 「機能性表示」で分析状況調査
  8. 日医・健康被害情報の収集事業
PAGE TOP