ヘッドラインニュース

青汁市場、店舗ルート好調 機能性青汁や飲料等人気

1000億円市場を形成する青汁市場で、店舗チャネルの売れ行きが好調、昨年にインバウンドの反動で影響を受けたDgSチャネルの売れ行きが好調、昨年にインバウンドの反動で影響を受けたDgSチャネルも回復基調にあることが、健康産業新聞の取材で分かった。財形は粉末だけでなく、グリーンスムージー、ホット青汁、機能性付加タイプなど、新ジャンルの青汁が市場を賑わせている。2016年の青汁市場は前年比4%増の1050億円。9年連続で拡大しており本誌が市場希望を算出している中で唯一1000億円マーケットとなっている。最終製品は・・・

続きは紙面(2017年8月10日発行)で

媒体紹介

関連記事

  1. ネスレ、ダイエット市場に参入 6億ドルで企業買収
  2. 厚労省、α-リポ酸で通知
  3. 都委員会、マスコミ健康情報「不十分」
  4. オリザ油化、α−リポ酸のダイエット効果で新知見
  5. 食品安全委、DAG評価で論点整理 厚労省は追加試験に着手
  6. 創健社が会社説明会、「業績回復基調に」
  7. アムスライフサイエンス、ジャスダック上場へ
  8. 東洋新薬、米健食市場に本格参入
PAGE TOP