ヘッドラインニュース

国センが注意喚起 血液検査後に健食等販売 医師法違反の疑い事例も

 国民生活センターは7日、血液検査などで消費者の不安をあおり、磁気治療器具や健康食品などを購入させる手口が見られるとして、注意喚起を行った。国センによると、「全国消費生活情報ネットワーク・システム(PIO-NET)」に寄せられた、医師法に抵触するおそれのある「医事類似行為」に関する1996年度から今年1月31日までの相談件数は3510件。危害を受けた事例は423件(12.1%)だった。→続きは『健康産業速報』第1109号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 北京の高齢者、3割以上がメタボリック症候群
  2. 道経連、健食など柱の特区提案へ
  3. ダイソー、健食製造販売の子会社設立
  4. 20~30代の日本人、3割弱がサプリで風邪に対処
  5. クルクミンの肝障害性「まったくない」
  6. 東京都 「メタボ」等外来語に規制の網 薬事法違反のケースも 10…
  7. アガリクス協議会、安全性対応コールセンターを設置
  8. 米商工会議所が意見書 サプリメントの規制緩和を
PAGE TOP