ヘッドラインニュース

富士化学、「アスタキサンチンが眼精疲労を軽減」

 富士化学工業(03・5408・1051)は、アスタキサンチン摂取による眼精疲労の軽減・予防効果を解明した。実験は、産業医科大学眼科教室で実施。健常成人10人を対象に、アスタキサンチン6mg/日摂取群と非摂取群に分け、摂取後、視作業を20分間負荷。負荷前と負荷終了後、安静10分後に調節機能の測定と眼精疲労に関する自覚症状を調査した。→続きは『健康産業速報』第1081号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 味の素、血中アミノ酸濃度で健康状態をチェック
  2. 北京の高齢者、3割以上がメタボリック症候群
  3. 東京都 都民の健康・栄養状況 VEの3割、健食から摂取
  4. 機能性表示「エキス」追加案 結論先送り、18日再検討
  5. 「酵素・酵母食品」市場規模 33%増の360億円
  6. 「食」ビジネス、医療・介護分野に拡大
  7. 薬健研シンポ、健食の国際動向
  8. 中国FDA担当官が来日 「CoQ10、効能表示可能」
PAGE TOP