ヘッドラインニュース

インデナ、植物種同定で戦略的提携

インデナ(イタリア)は、植物由来素材のDNA認証試験キット開発で国際的コンソーシアムなどと戦略的協力契約を調印したと発表した。今後、簡便な検査で正確な結果が得られるDNA解析技術を導入する計画。

提携したのは、イギリスのバイオテクノロジー企業であるハイリスと、カナダ・ゲルフ大学などが構成するコンソーシアム「NHPリサーチアライアンス」。インデナではすでに、DNA塩基配列解析技術を品質管理システムに組み込んでいる。今回の提携では、植物のDNA検査の標準化手法を開発。これまでは工場の受け入れ検査で細胞の顕微鏡観察等を行っていたが、今後は、植物素材の収穫現場で簡便な検査機器を使用し、瞬時にDNAデータと照合、正確な結果をその場で得ることができるという。インデナによると、たとえばツツジ科スノキ属のビルベリー(Vaccinium myrtillus)は、スノキ属だけでも約450種類が存在。新たなキットによって、植物種同定の確実性がさらに堅固なものになるとしている。

関連記事

  1. 特保の全品調査 約1270品 市場流通は3割未満
  2. CoQ協、研究会に160人
  3. 日本クリニック、脂肪対応ドリンクで特保市場に参入
  4. キリンとヤクルト、新会社を設立 「新時代の健食事業を創造」
  5. 議連「健食問題研究会」68人に、平沼元経産相ら4人が参加
  6. 健康博覧会レポート 27日開幕、テレビ取材相次ぐ
  7. 1243号(2008年7月8日号)配信
  8. 知財高裁の判例検討 パラメータ特許「試験設計慎重に」 本紙主催セ…
PAGE TOP