ヘッドラインニュース

世界初、センサー内蔵の錠剤をFDAが承認 大塚製薬の抗精神病薬

大塚製薬は14日、世界初のデジタル医薬品「エビリファイマイサイト」が米国食品医薬品局(FDA)から承認を取得したと発表した。同社の抗精神病薬の錠剤に極小センサーを組み込んだ医薬品で、服薬状況を把握することができる。

センサーは、胃液に接するとシグナルを発する。患者の身体に貼り付けるパッチがシグナルを検出し、情報を専用のアプリに送信。センサーは、消化・吸収されることなく体外に排出される。データは、スマートフォンなどの端末で確認することができ、患者の家族や医療従事者と情報共有することもできる。同社の樋口達夫代表取締役社長は「承認は大きな契機になる。服薬状況を客観的に把握することでよりよい治療に貢献する」としている。

関連記事

  1. 世界有数の素材展に 海外の有力者が続々来日 「ビジネス交流会」も…
  2. 日本綜合医学会 東京大講演会に800人
  3. 公取委、健康志向タマゴに監視の目
  4. 米IFT、約2万人が来場 低GI食品が台頭
  5. 東京都 「メタボ」等外来語に規制の網 薬事法違反のケースも 10…
  6. 米コンシューマー・ラボ、日本の健食評価事業に着手
  7. 血液検査商法、医師法逃れの新手法
  8. 健康被害情報、報告義務づけで条例改正
PAGE TOP