ヘッドラインニュース

世界初、センサー内蔵の錠剤をFDAが承認 大塚製薬の抗精神病薬

大塚製薬は14日、世界初のデジタル医薬品「エビリファイマイサイト」が米国食品医薬品局(FDA)から承認を取得したと発表した。同社の抗精神病薬の錠剤に極小センサーを組み込んだ医薬品で、服薬状況を把握することができる。

センサーは、胃液に接するとシグナルを発する。患者の身体に貼り付けるパッチがシグナルを検出し、情報を専用のアプリに送信。センサーは、消化・吸収されることなく体外に排出される。データは、スマートフォンなどの端末で確認することができ、患者の家族や医療従事者と情報共有することもできる。同社の樋口達夫代表取締役社長は「承認は大きな契機になる。服薬状況を客観的に把握することでよりよい治療に貢献する」としている。

関連記事

  1. 昨年の健食企業倒産、過去5年で最悪の31件
  2. 混合診療解禁、イチョウ葉など医薬品化の可能性も
  3. 米展示会盛況 CoQ10、酵素など目立つ 大手が相次ぎ新商品投入…
  4. 健食利用の契機、成分で差異
  5. 農水省 地域活性化事業 健食関連が3分の1 全国各地で開発活発化…
  6. 健康産業売上高ランキング、総額1兆9700億円
  7. 国立栄研・渡邊理事長が講演 食品開発展で
  8. 農研機構 農産物9品のレビュー 緑茶、大麦、魚、大豆など
PAGE TOP