ヘッドラインニュース

世界初、センサー内蔵の錠剤をFDAが承認 大塚製薬の抗精神病薬

大塚製薬は14日、世界初のデジタル医薬品「エビリファイマイサイト」が米国食品医薬品局(FDA)から承認を取得したと発表した。同社の抗精神病薬の錠剤に極小センサーを組み込んだ医薬品で、服薬状況を把握することができる。

センサーは、胃液に接するとシグナルを発する。患者の身体に貼り付けるパッチがシグナルを検出し、情報を専用のアプリに送信。センサーは、消化・吸収されることなく体外に排出される。データは、スマートフォンなどの端末で確認することができ、患者の家族や医療従事者と情報共有することもできる。同社の樋口達夫代表取締役社長は「承認は大きな契機になる。服薬状況を客観的に把握することでよりよい治療に貢献する」としている。

関連記事

  1. 厚生労働科学研究 食品の有効性評価で前進
  2. 静岡県、黒豆茶の商品テスト結果発表
  3. 特保市場、4%増の6,300億円に
  4. 消費者庁、ネット広告で報告書案
  5. 国内3社の牛骨ゼラチン、経産省助成事業で安全性立証
  6. 石川県、特商法違反で健食企業に指示
  7. 日健栄協・林理事長、健食安全性自主基準の一本化「必ずできる」
  8. 規制改革会議が答申、「特保の申請手続き簡素化」盛り込む
PAGE TOP