ヘッドラインニュース

健食の消費者ニーズ調査、7割が「効果」重視

【1316号トップニュース】消費者の約7割が健康食品を購入するときに「期待される効果」を重視し、5割強が効果・効能に関する情報を「商品パッケージ」から得ていることが、経済産業省が27日にまとめた調査報告書からわかった。
【主なニュース】
・厚労省人事、新開発食品保健対策室長に尾崎氏
・厚労省、食事摂取基準2010年版で合意
・20年度の特商法違反、前年度比26%減
【新商品】ポーラ、エルビー
他ニュース多数!

関連記事

  1. ゼラチン工業組合、コラーゲンペプチド委員会を発足
  2. 島根県農業技術センター、ギャバ3倍になる発芽玄米の新製造法開発
  3. 制度拡充、エキス追加へ 「機能性表示」検討会、各論決着
  4. 14年の世界オーガニック市場、9兆円
  5. 特別用途食品検討会が中間報告  健食業界への影響は限定的に
  6. 自民党が最終報告、食品安全委を「消費者庁」へ移管
  7. 本紙主催「個人情報保護法」講演会(18日)
  8. 高齢者のサプリ支出に異変、無職世帯6か月連続減
PAGE TOP