ヘッドラインニュース

健食の消費者ニーズ調査、7割が「効果」重視

【1316号トップニュース】消費者の約7割が健康食品を購入するときに「期待される効果」を重視し、5割強が効果・効能に関する情報を「商品パッケージ」から得ていることが、経済産業省が27日にまとめた調査報告書からわかった。
【主なニュース】
・厚労省人事、新開発食品保健対策室長に尾崎氏
・厚労省、食事摂取基準2010年版で合意
・20年度の特商法違反、前年度比26%減
【新商品】ポーラ、エルビー
他ニュース多数!

関連記事

  1. あるある問題、過去520本の番組内容検証 健食業界へ影響も
  2. 「乳酸菌」が採用素材トップに 3品に1品が「機能性表示食品」
  3. 安全性第三者認証で「評価シート」
  4. HPMCの使用基準改正、健食への利用可能に
  5. 【東京都】66%が特保等健食摂取 5割が満足、7割が実感 「機能…
  6. クルクミンの肝障害性「まったくない」
  7. 家計調査 健康食品の支出額 11ヵ月連続前年割れ
  8. タカラバイオ、阪大に寄付研究部門を開設
PAGE TOP