ヘッドラインニュース

森川健康堂、ローヤルゼリー初の「インフォームドチョイス」認証取得

 森川健康堂は17日、同社のローヤルゼリー原料が国際的アンチ・ドーピング認証プログラムの「インフォームド・チョイス」を取得したと発表した。認証は10日付。ローヤルゼリーでの同認証取得は世界初という。滋養強壮系素材として長年利用されてきたローヤルゼリーについて、一般のスポーツ愛好家を含めたアスリート向け商材への配合を提案していく。

 同社ではスポーツニュートリション市場への提案を進める際、選手が意図しない“うっかりドーピング”の防止も重要であることに着目。安心・安全の指標として、成分分析等を行い、同認証を取得した。

今月末から、同認証取得のローヤルゼリーを「スポーツローヤルゼリー」として原料供給する。10月3~5日開催の食品開発展に出展し、プレゼンテーションセミナーを行うなど大々的にPRしていく。新市場の開拓を目指し、「ローヤルゼリー市場全体を盛り上げたい」と話している。

⇒「健康産業速報」は、国内外の健康・栄養に関する最新情報を週2回(火・金)、FAXにより一斉送信。詳しくはこちら

関連記事

  1. 山之内製薬、健食販売子会社をアサヒビールに譲渡
  2. 山梨県、強壮系健食から医薬品成分
  3. スペインで健康素材展「HIE」
  4. アガリクス・ブラゼイ協議会発足、会員に安全性データ取得義務付け
  5. 健食等のネット購入率、韓国が世界でトップ
  6. 厚労省研究班 心筋梗塞の原因リスクを低減する素材明らかに
  7. 食品開発展 記念セミナー32講座が決定
  8. 全健協、新春の集いに120人
PAGE TOP