ヘッドラインニュース

森川健康堂、ローヤルゼリー初の「インフォームドチョイス」認証取得

 森川健康堂は17日、同社のローヤルゼリー原料が国際的アンチ・ドーピング認証プログラムの「インフォームド・チョイス」を取得したと発表した。認証は10日付。ローヤルゼリーでの同認証取得は世界初という。滋養強壮系素材として長年利用されてきたローヤルゼリーについて、一般のスポーツ愛好家を含めたアスリート向け商材への配合を提案していく。

 同社ではスポーツニュートリション市場への提案を進める際、選手が意図しない“うっかりドーピング”の防止も重要であることに着目。安心・安全の指標として、成分分析等を行い、同認証を取得した。

今月末から、同認証取得のローヤルゼリーを「スポーツローヤルゼリー」として原料供給する。10月3~5日開催の食品開発展に出展し、プレゼンテーションセミナーを行うなど大々的にPRしていく。新市場の開拓を目指し、「ローヤルゼリー市場全体を盛り上げたい」と話している。

⇒「健康産業速報」は、国内外の健康・栄養に関する最新情報を週2回(火・金)、FAXにより一斉送信。詳しくはこちら

関連記事

  1. 広島県警、薬事法違反容疑で健食業者を逮捕
  2. 富士バイオメディックス、美容室チェーンの無芸塾と業務提携
  3. コーデックス部会、食物繊維の表示条件など議論
  4. 日本栄養・食糧学会、19日から静岡で
  5. 青汁市場、9年連続成長 4%増の1050億円に
  6. 日本睡眠改善協議会が発足
  7. 改正独禁法案を閣議決定、健食メーカーにも規制の網
  8. ビタミン学会、経産省・江崎氏、米ODSら講演
PAGE TOP