ヘッドラインニュース

機能性表示、17年度受理数は前年度比27%減

 消費者庁は1日、機能性表示食品として受理した1品の情報を公開した。2018年度最初の「D1」として受理されたのは、キャネットのサプリメント「ララ ウォーク」。同社の受理は初。HMBを含む筋肉・歩行対応で、製造者は玄聖とナルミヤ。

 届出取下げを含む年度別受理数は、初年度の2015年度が310品、16年度が620品、17年度が452品。17年度は前年度比27%減となった。

届出取下げは現時点で66品。これを引いた累計受理数は1317品となる。

⇒「健康産業速報」は、国内外の健康・栄養に関する最新情報を週2回(火・金)、FAXにより一斉送信。詳しくはこちら

関連記事

  1. sokuhouクロレラ 台湾産クロレラ、年間生産1000トン -主要3社、天候不順で計画…
  2. 抗疲労研究所が設立、金線蓮・コロハなど商品化へ
  3. フジカ、サプリメント事業に着手
  4. 日健栄協・特保講習会、「食安委の報告書に違和感」
  5. クロレラ工業、クロレラの原料供給事業を本格化
  6. 味の素、健康事業で売上高1000億円目指す
  7. 健食懇、新会長に明治乳業・桑田氏
  8. 花王の「ヘルシアコーヒー」、食品安全委の評価スタート
PAGE TOP