ヘッドラインニュース

機能性表示、17年度受理数は前年度比27%減

 消費者庁は1日、機能性表示食品として受理した1品の情報を公開した。2018年度最初の「D1」として受理されたのは、キャネットのサプリメント「ララ ウォーク」。同社の受理は初。HMBを含む筋肉・歩行対応で、製造者は玄聖とナルミヤ。

 届出取下げを含む年度別受理数は、初年度の2015年度が310品、16年度が620品、17年度が452品。17年度は前年度比27%減となった。

届出取下げは現時点で66品。これを引いた累計受理数は1317品となる。

⇒「健康産業速報」は、国内外の健康・栄養に関する最新情報を週2回(火・金)、FAXにより一斉送信。詳しくはこちら

関連記事

  1. 花王、「エコナ」一時販売自粛
  2. 農水省 技術開発支援で新産業創出 食品機能性研究など公募(1/2…
  3. 厚労省・食品安全推進官の増田氏、「健食は補助的なもの」
  4. 新開発食品保健対策室、来年度予算は健食安全性重視型
  5. 厚労省人事、新開発食品保健対策室長に山田英樹氏
  6. 厚労省、規格基準型特保の拡充検討
  7. 大阪府、因果関係不明でも健康被害情報を公表 11月から
  8. 「核酸」市場規模、300億円を突破
PAGE TOP