ヘッドラインニュース

食品安全委 ジアシルグリセロールを評価 作業部会の設置を決定

 食品安全委員会は28日に開いた新開発食品専門調査会(座長=日本大学教授・上野川修一氏)で、ジアシルグリセロール(DAG)のリスク評価について、専門家を集めたワーキンググループを立ち上げることで合意した。食品安全委に設置されている、新開発食品や添加物、化学物質など関連する専門調査会から、それぞれの座長が委員を選出、合同で多面的な検討を行っていくことが必要と判断した。今後の検討次第では、特保全体の安全性評価問題に発展する可能性も出てきた。

関連記事

  1. 厚労省、アレルギー表示義務品目にエビ・カニ追加を決定
  2. シトルリンで研究会発足
  3. 東京都 健食表示の規制強化
  4. 消費者庁への苦情・相談、健食は1%にとどまる
  5. 東洋新薬、米健食市場に本格参入
  6. ジアシルグリセロールの安全性、あすの調査会で検討
  7. 政治動向、健食関連法改正に影響
  8. 都、今年も健食製造業者に立入調査
PAGE TOP