ヘッドラインニュース

食品安全委 ジアシルグリセロールを評価 作業部会の設置を決定

 食品安全委員会は28日に開いた新開発食品専門調査会(座長=日本大学教授・上野川修一氏)で、ジアシルグリセロール(DAG)のリスク評価について、専門家を集めたワーキンググループを立ち上げることで合意した。食品安全委に設置されている、新開発食品や添加物、化学物質など関連する専門調査会から、それぞれの座長が委員を選出、合同で多面的な検討を行っていくことが必要と判断した。今後の検討次第では、特保全体の安全性評価問題に発展する可能性も出てきた。

関連記事

  1. 経産省、健食などの連鎖販売業者に業務停止命令
  2. 「ナチュラル・プロダクツ・エキスポ ウエスト」 現地レポート グ…
  3. 住商食品・カネボウフーズ、機能性ガムOEM事業開始
  4. 神奈川県警、薬事法違反容疑で健食販売企業の2人を逮捕
  5. 「待ったなし」個人情報保護法、農水省もガイドライン
  6. ビタミンC価格高騰、今秋「再値上げ」の懸念も
  7. 「あるある大事典」の番組本、ダイエット情報をひとまとめに
  8. 創健社が会社説明会、「業績回復基調に」
PAGE TOP