ヘッドラインニュース

食品安全委 ジアシルグリセロールを評価 作業部会の設置を決定

 食品安全委員会は28日に開いた新開発食品専門調査会(座長=日本大学教授・上野川修一氏)で、ジアシルグリセロール(DAG)のリスク評価について、専門家を集めたワーキンググループを立ち上げることで合意した。食品安全委に設置されている、新開発食品や添加物、化学物質など関連する専門調査会から、それぞれの座長が委員を選出、合同で多面的な検討を行っていくことが必要と判断した。今後の検討次第では、特保全体の安全性評価問題に発展する可能性も出てきた。

関連記事

  1. 厚労省 健康増進法・基本方針 「健康産業育成」盛り込む 健食が対…
  2. 家計調査6月 健食支出、前月比19%増
  3. 食品成分表、増補版の発行決定 VE関連など新規収載
  4. 地域資源活用促進法案、来月11日にも成立の見通し
  5. 日健栄協 葉酸表示で行政に要望書
  6. 都、健康番組の実態調査へ
  7. 全国レベルの健食買上調査、国内初の医薬品成分を検出
  8. 政府、個人の健康情報を一元化  サプリ分野でも活用
PAGE TOP