ヘッドラインニュース

厚労省 18年度研究で方針案 健食の安全性検証へ

 厚生労働省は、健康食品の安全性に関して、主成分以外の要因が及ぼす影響についての研究に着手する。平成18年度の厚生労働科学研究費補助金制度の中で実施するもので、12日の厚生科学審議会科学技術部会で公募要項案として示された。健康食品については、安全性に影響する「要因」に関する研究課題を募集。過去にも実施されていた健食の主成分自体の安全性・有効性評価にとどまらず、摂取者、摂取方法、含有物質、相互作用などの要因が、どのように健康食品の安全性に影響するのかを明らかにする構えだ。一般公募型の場合、研究費は1年当たり1000万〜5000万円程度。

関連記事

  1. ケンコーコム健食番付、東の横綱にCoQ10 キヌアもヒット
  2. OLの8割、自分の骨密度「知らない」
  3. イソフラボンで大規模追跡調査、肺がんリスクが低下
  4. 目黒化工とファンケル美健、日健栄協GMP取得
  5. 農水省の地域おこし事業、機能性食品の販路拡大支援
  6. 【東京都】66%が特保等健食摂取 5割が満足、7割が実感 「機能…
  7. 農水省、機能性食品の事業化など支援
  8. サニーヘルス、「マイクロダイエットシリーズ」46品目に拡充
PAGE TOP