ヘッドラインニュース

厚労省 18年度研究で方針案 健食の安全性検証へ

 厚生労働省は、健康食品の安全性に関して、主成分以外の要因が及ぼす影響についての研究に着手する。平成18年度の厚生労働科学研究費補助金制度の中で実施するもので、12日の厚生科学審議会科学技術部会で公募要項案として示された。健康食品については、安全性に影響する「要因」に関する研究課題を募集。過去にも実施されていた健食の主成分自体の安全性・有効性評価にとどまらず、摂取者、摂取方法、含有物質、相互作用などの要因が、どのように健康食品の安全性に影響するのかを明らかにする構えだ。一般公募型の場合、研究費は1年当たり1000万〜5000万円程度。

関連記事

  1. 総務省、消費者物価指数の基準改定
  2. 多次元抗酸化研究会、抗酸化能の受託分析に着手
  3. 通販協調査、健食含む「食料品」の伸び率が今年最高に
  4. 中国新時代集団、日本健食市場進出へ
  5. CoQ10等の作用検証 遺伝子発現解析で 来年にも公表
  6. 16年度家計調査 健食支出、2年連続2桁増
  7. 原産地表示義務化、消費者庁、意見募集
  8. 日健栄協、3社にGMP認定
PAGE TOP