ヘッドラインニュース

厚労省 18年度研究で方針案 健食の安全性検証へ

 厚生労働省は、健康食品の安全性に関して、主成分以外の要因が及ぼす影響についての研究に着手する。平成18年度の厚生労働科学研究費補助金制度の中で実施するもので、12日の厚生科学審議会科学技術部会で公募要項案として示された。健康食品については、安全性に影響する「要因」に関する研究課題を募集。過去にも実施されていた健食の主成分自体の安全性・有効性評価にとどまらず、摂取者、摂取方法、含有物質、相互作用などの要因が、どのように健康食品の安全性に影響するのかを明らかにする構えだ。一般公募型の場合、研究費は1年当たり1000万〜5000万円程度。

関連記事

  1. オリザ油化、クルミ・ニラなど新素材2品上市
  2. 食品新素材研究会に110人 免疫特保、実現に課題も
  3. サントリー、「黒烏龍茶」の年間販売計画を上方修正
  4. 「DHAで肥満改善」 日大・岡田氏が講演
  5. 協和発酵、高純度L-シトルリンの本格供給開始
  6. ビタミン学会、経産省・江崎氏、米ODSら講演
  7. 米NNFA、名称を「NPA」に変更
  8. 国セン・関節健食の商品テスト 内容に疑問符
PAGE TOP