ヘッドラインニュース

農水省、「食品機能性評価支援センター」 来年5月メドに設置

 農林水産省は来年5月をメドに、「食品機能性評価支援センター」を設置する。センターでは、健康機能性を有する食品の高度な評価手法の研修・普及などを行い、地域の食品開発を支援する。

関連記事

  1. 日本薬品開発、米国健食市場に本格参入
  2. 日健栄協の健食GMP、アピなど3社認定
  3. 17年度「経済財政白書」流通チャネル変化、ネット拡大
  4. 日健栄協・林理事長、健食安全性自主基準の一本化「必ずできる」
  5. 健康寿命延伸へ、ヘルスケア市場創出を 経産省・江崎氏
  6. 都、大学と連携し広告調査 ダイエット健食で違反の恐れ多数
  7. 混合診療解禁、イチョウ葉など医薬品化の可能性も
  8. 亜麻公社、亜麻仁油の原料・OEMに注力
PAGE TOP