ヘッドラインニュース

理研、植物の硫黄代謝調節する転写因子発見

 理化学研究所は22日、硫黄代謝に異常があるシロイヌナズナの突然変異株を解析し、がん予防効果がある天然硫黄成分「グルコラファニン」の含有量を調節する転写因子「SLIM1」を発見したと発表した。→続きは『健康産業速報』第1080号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. クラレ、健食等事業を譲渡
  2. 東京都、健食表示調査「機能性サプリ」は不適正
  3. 日健栄協 健康安全性ガイドライン 業界統一案まとまる 厚労省検討…
  4. ファイン、秋の新商品を一挙3品上市
  5. 「あるある大事典」の番組本、ダイエット情報をひとまとめに
  6. 中国新時代集団、日本健食市場進出へ
  7. ミャンマー産健食から医薬品成分
  8. エキナセアに風邪予防効果、メタ解析で実証
PAGE TOP