ヘッドラインニュース

理研、植物の硫黄代謝調節する転写因子発見

 理化学研究所は22日、硫黄代謝に異常があるシロイヌナズナの突然変異株を解析し、がん予防効果がある天然硫黄成分「グルコラファニン」の含有量を調節する転写因子「SLIM1」を発見したと発表した。→続きは『健康産業速報』第1080号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 条件付特保、実際の商品への表示は…?
  2. 東北地方太平洋沖地震 宮城県、日健栄協に支援要請
  3. 「農業力」議連が設立準備会 テーマに「機能性食品への活用」
  4. 静岡県、健康食品開発支援でパイロットプラント整備
  5. 和漢医薬学会レポート ウコン、イチョウ葉、プロポリスなど発表
  6. 生活科学研究所、メシマコブ菌糸体サプリで健食事業参入
  7. 健康増進法等の一部地方へ譲渡
  8. 消費者委・特保調査会が初会合
PAGE TOP