ヘッドラインニュース

食品新素材研究会に110人 免疫特保、実現に課題も

 (社)菓子総合技術センターと食品新素材協議会が主催する「食品新素材研究会」(後援・CMPジャパン「食品と開発」ほか)が22日に農林水産省で開催され、食品機能とメタボリックシンドロームをテーマに講演が行われ、110人が参加した。東京大学大学院教授の清水誠氏は、免疫調節作用に関するヒト試験報告がある素材を紹介。←続きは本紙で!」

関連記事

  1. ハーブ絶滅危惧リストに「フーディア」「イチョウ」等
  2. グルコサミン研究会、抗炎症効果などを発表
  3. 健康産業速報ロゴ2 機能性表示、17年度受理数は前年度比27%減
  4. キダチアロエに抗がん作用
  5. 健康博覧会、来週28日開幕 ビルベリーの抗がん効果発表 クロレラ…
  6. 協和発酵、コーンセラミドの美容効果を確認
  7. 日本綜合医学会 東京大講演会に800人
  8. DgS等立入調査、虚偽・誇大広告が増加
PAGE TOP