ヘッドラインニュース

食品新素材研究会に110人 免疫特保、実現に課題も

 (社)菓子総合技術センターと食品新素材協議会が主催する「食品新素材研究会」(後援・CMPジャパン「食品と開発」ほか)が22日に農林水産省で開催され、食品機能とメタボリックシンドロームをテーマに講演が行われ、110人が参加した。東京大学大学院教授の清水誠氏は、免疫調節作用に関するヒト試験報告がある素材を紹介。←続きは本紙で!」

関連記事

  1. 経産省 「健康アイランド九州」構想 健食の開発・量産拠点に 「世…
  2. 米ホールフーズ合併成立、米市場の勢力図に変化
  3. 通販利用媒体、ネットがカタログを逆転
  4. 経団連、「特保の事前審査制度」で再検討要請
  5. 和漢医薬学会レポート ウコン、イチョウ葉、プロポリスなど発表
  6. CPCC、郵送検診と健康商材販売でビジネスモデル特許出願
  7. 「歯科トクホ研究会」設立 新規表示の開発支援 「歯茎の健康」「口…
  8. 健食成分の機能性研究始動
PAGE TOP