ヘッドラインニュース

東京都 健食安全確保で報告書

 「医療関係者との連携必要」
 東京都は29日、健康食品の安全確保に向けた取り組みの方向性を示す最終報告書をまとめた。同日開かれた食品安全情報評価委員会の第9回会合で報告案の内容について合意、委員長の林裕造氏(元国立衛生試験所安全性生物試験研究センター長)が福祉保健局長の平井健一氏に提出した。都ではこの報告書に基づき、今後、健康食品に対する具体的な取り組みを推進していく。→続きは本紙で!

関連記事

  1. 統合医療議員連盟、100億円の予算確保目指す
  2. 「リパミンPS」、米FDAよりGRAS取得
  3. 被害救済装い悪質勧誘、健食購入者らターゲットに 「カモリスト」が…
  4. 規制改革要望、特保検査業務の都道府県への委譲求める
  5. 厚労省 特別用途食品の制度見直し 検討会発足で最終調整 10月以…
  6. プエラリア問題で対応決定 全製造過程で安全確保要求 健食被害の収…
  7. ロート製薬、乳酸菌成分の美白効果を確認
  8. CoQ協、研究会に160人
PAGE TOP