ヘッドラインニュース

東京都 健食安全確保で報告書

 「医療関係者との連携必要」
 東京都は29日、健康食品の安全確保に向けた取り組みの方向性を示す最終報告書をまとめた。同日開かれた食品安全情報評価委員会の第9回会合で報告案の内容について合意、委員長の林裕造氏(元国立衛生試験所安全性生物試験研究センター長)が福祉保健局長の平井健一氏に提出した。都ではこの報告書に基づき、今後、健康食品に対する具体的な取り組みを推進していく。→続きは本紙で!

関連記事

  1. 人間ドック、異常最多は「高コレステロール」 「肥満」3割超に
  2. 厚労省、栄養摂取量の年次推移公表 15年国民健康・栄養調査
  3. 本紙セミナー 新特保制度を専門家が分析
  4. 健康博覧会が閉幕、4万5000人以上が来場
  5. 自民党、特商法改正の検討に着手 訪販・通販規制強化へ
  6. 議連「健食問題研究会」64人に  地元産業界が後押し
  7. キッスビー健全食、「醗酵熟成黒にんにく」を発売
  8. 健食被害、減少傾向に
PAGE TOP