ヘッドラインニュース

東京都 健食安全確保で報告書

 「医療関係者との連携必要」
 東京都は29日、健康食品の安全確保に向けた取り組みの方向性を示す最終報告書をまとめた。同日開かれた食品安全情報評価委員会の第9回会合で報告案の内容について合意、委員長の林裕造氏(元国立衛生試験所安全性生物試験研究センター長)が福祉保健局長の平井健一氏に提出した。都ではこの報告書に基づき、今後、健康食品に対する具体的な取り組みを推進していく。→続きは本紙で!

関連記事

  1. 米サプリ成分指針、2割の企業が「対応不可」 中小撤退の懸念も
  2. 東京都 健食の安全情報を公開へ
  3. コーデックス、栄養表示など検討
  4. 日本ランチェスター、モズク事業で沖縄県・津堅島と提携
  5. 健食企業2社に排除命令
  6. 新開発食品保健対策室の責任者に増田氏が就任 室長ポストは空席に
  7. 沖縄健康食品市場 250億円目前に足踏み
  8. 京都府立医大、新規のクロレラ株を発見
PAGE TOP