ヘッドラインニュース

民主党・前田議員 厚労省に健食立法化迫る 「国民のための法整備を」

 民主党の前田雄吉衆院議員は2月28日の衆院予算委員会の分科会で、厚生労働省に対し健康食品に関する立法化を迫った。前田議員は政府の健康栄養政策に関連して、健康食品は国民の過半数が利用し、安倍内閣の支持率を凌駕する関心事であると指摘。国民が安心して信頼のおける健康食品を利用できるようにするため、「法整備を急いでいただきたい」と要求した。厚労省の体制についても、「健康食品を軽視しているのではないか」と追及した。→続きは『健康産業速報』第1107号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 梅エキスに胃がん予防効果
  2. キューサイ、特保市場に本格参入
  3. 食品安全委、CoQ10問題を議論 上限値設定「困難」との声も
  4. 協和発酵、高純度L-シトルリンの本格供給開始
  5. JTフーズ、新ミネラル素材を上市
  6. カルシウムの疾病リスク低減型特保、食品安全委の評価不要へ
  7. 「機能性表示」活用で健食輸出促進、懇話会発足
  8. 日健栄協のCoQ10販売後調査、約千例をアンケートを収集
PAGE TOP