ヘッドラインニュース

米コンシューマー・ラボ、日本の健食評価事業に着手

 米国の消費者情報提供団体「コンシューマー・ラボ」は14日、日本で販売されている健康食品の品質評価事業に着手すると発表した。来春にも第1回目の評価結果をまとめ、ホームページを通じて日本語版を公表する。

関連記事

  1. 伊藤園がα−リポ酸健食など投入
  2. 酵素・酵母食品市場が拡大
  3. 特別用途食品検討会が中間報告  健食業界への影響は限定的に
  4. ロート製薬と森下仁丹、7月に共同販売会社設立へ
  5. 栄養改善学会、9月に青森で サプリ利用実態、食品機能性など
  6. サン・クロレラ、「クロレラで母乳中ダイオキシン濃度低下」
  7. 日油、機能性食品の新工場を竣工 健食OEM事業を強化
  8. 森永製菓、ウイダープロテイン商品を一新 シェア拡大図る
PAGE TOP