ヘッドラインニュース

米コンシューマー・ラボ、日本の健食評価事業に着手

 米国の消費者情報提供団体「コンシューマー・ラボ」は14日、日本で販売されている健康食品の品質評価事業に着手すると発表した。来春にも第1回目の評価結果をまとめ、ホームページを通じて日本語版を公表する。

関連記事

  1. キングコブラ健食から医薬品成分
  2. DgSは「立地」が決め手? ツルハ調査
  3. 1246号(2008年7月18日号)配信
  4. 06年度通販売上高、過去最高の3兆6800億円
  5. 健食の消費者相談 アレルギー関連で報告事例
  6. サプリ支出11%増 16年トータル、昨年越え濃厚に
  7. CRN、健食表示適正化委が初会合
  8. ヤマハ発動機、アスタキサンチンの本格供給へ
PAGE TOP