ヘッドラインニュース

米コンシューマー・ラボ、日本の健食評価事業に着手

 米国の消費者情報提供団体「コンシューマー・ラボ」は14日、日本で販売されている健康食品の品質評価事業に着手すると発表した。来春にも第1回目の評価結果をまとめ、ホームページを通じて日本語版を公表する。

関連記事

  1. 厚労省 「食薬区分」改正案
  2. ローヤルゼリー特保、安全性評価をクリア
  3. 14年の世界オーガニック市場、9兆円
  4. 厚労省、CoQ10の扱いで通知「事業者責任で安全性確認を」
  5. プロポリス協議会、創立20周年式典に100人
  6. 味の素、睡眠サポート食品を発売
  7. 健食ネット通販支出、9ヵ月連続2ケタ増
  8. 被害救済装い悪質勧誘、健食購入者らターゲットに 「カモリスト」が…
PAGE TOP