ヘッドラインニュース

米コンシューマー・ラボ、日本の健食評価事業に着手

 米国の消費者情報提供団体「コンシューマー・ラボ」は14日、日本で販売されている健康食品の品質評価事業に着手すると発表した。来春にも第1回目の評価結果をまとめ、ホームページを通じて日本語版を公表する。

関連記事

  1. 健食利用の契機、成分で差異
  2. ゲン・コーポレーション、歯垢抑制素材を開発
  3. アガリクス協議会、議連の支援など来年度活動計画を発表
  4. ナチュラルローソン、「ファイバーデトックス」コーナーを設置
  5. 東京都、健食表示等で講習会
  6. 中医協 医療機関での栄養食品販売 解禁に向け前進
  7. 大正製薬、特保「グルコケア」に粉末スティックタイプ
  8. 日健栄協の林理事長 安全性自主基準案の一本化へ道筋 EUや米国の…
PAGE TOP