ヘッドラインニュース

米コンシューマー・ラボ、日本の健食評価事業に着手

 米国の消費者情報提供団体「コンシューマー・ラボ」は14日、日本で販売されている健康食品の品質評価事業に着手すると発表した。来春にも第1回目の評価結果をまとめ、ホームページを通じて日本語版を公表する。

関連記事

  1. わだまんサイエンス、健食市場に本格参入
  2. 「待ったなし」個人情報保護法、農水省もガイドライン
  3. 来週から統合医療展、セミナーに申込相次ぐ
  4. 「核酸」市場規模、300億円を突破
  5. 農水省、商品情報開示制度を構築
  6. 特別用途食品検討会が中間報告  健食業界への影響は限定的に
  7. 特定健診でメタボ予防 健康食品市場に商機 来年4月スタート
  8. 広島県警、薬事法違反容疑で健食業者を逮捕
PAGE TOP