ヘッドラインニュース

EFSA 「新規食品」の認定迅速化 「伝統食品」は食経験25年以上

欧州食品安全機関(EFSA)は、新規食品(Novel Food)および伝統食品(Traditional Food)の安全性評価に関するガイダンスを発表した。新規食品の認定手続き迅速化を図るとともに、食経験が25年以上のものを「伝統食品」として認めるようにする。


今回のガイダンスは、新規食品に関する規制が昨年11月に改正されたことを受けたもの。新規制は2018年1月に発効する。
新規制では、いままで3年かかっていた新規食品の認定手続・・・

(詳しくは11月25日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


申込受付中 食品分野の用途特許に特化したセミナー・個別相談会
2017年1月27日(金)、UBMメディアでは食品分野に詳しい弁理士の先生2名をお招きし、機能性食品の開発・製造に関連する企業様に特化した特許セミナーおよび個別相談会を行います。


関連記事

  1. 厚労省、国による健食認証制度「決定した事実はない」
  2. 国立栄研、健食データベースの情報提供を業界に依頼
  3. 改正特許法・商標法を閣議決定、特許料など引き下げへ
  4. 東京都 健食表示の規制強化
  5. 特保申請、記載不備など目立つ
  6. 健食支出4ヵ月連続減
  7. シクロケム、CoQ10の安定性高める技術を開発
  8. ADM、有機大豆の原料供給開始
PAGE TOP