ヘッドラインニュース

ビタミンC、「数回に分けた摂取が効果的」 ファンケル調査

ビタミンCは摂取目的により適切な摂取方法が異なり、酸化ストレスに対しては一度に多く摂取するよりも一日数回に分けて摂取した方が効果的であることが、ファンケル総合研究所などの調査でわかった。先ごろ行われた第28回日本臨床栄養学会総会で報告した。→続きは「健康産業速報」第1058号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. がんセンター、「代替療法ガイドブック」作成へ
  2. 中国保健協会、健康博覧会に来日
  3. 日健栄協・林理事長 有用な健康食品の「5条件」 エビデンスを重要…
  4. 食品安全委、大豆イソフラボンのリスク評価結果まとまる
  5. WHO 世界中で肥満人口急増 10億人以上が「太りすぎ」
  6. 兼松ウェルネス、乳タンパク濃縮物の供給開始
  7. サン・クロレラ、「クロレラが妊産婦のダイオキシン排泄」
  8. 広告にない健食送付等 東京都15年度の広告相談 
PAGE TOP