ヘッドラインニュース

各省庁に検討を要請 経団連「特保事前審査制の創設を」

内閣府の規制改革・民間開放推進室はきょう19日から、先月受け付けた「全国で実施すべき規制改革・民間開放要望」について、各省庁に対し検討要請を開始する。各省庁は26日をメドに要望に対する見解を明らかにする必要がある。6月の受付月間で寄せられた同要望は577件。日本経済団体連合会では、医療やエネルギーなど15分野にわたる要望を行った(速報1037号既報)。この中で、新規に「特定保健用食品の事前審査制度の創設」を要求した。→続きは「健康産業速報」第1044号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 原料原産地表示で異論噴出 消費者・事業者に「メリットなし」
  2. 家計調査10月、健食4%増 今年度初のプラス
  3. 「消費者基本計画」工程表改定、機能性表示施行状況踏まえ見直し検証…
  4. 健食の自主基準案、一本化に自信 日健栄協・林理事長
  5. 食品安全委、花王のヘルシアコーヒー審議で追加資料要求
  6. 厚労省、大豆イソフラボン指針を通知
  7. 「リパミンPS」、米FDAよりGRAS取得
  8. 日健栄協、特保情報公開で陳情書
PAGE TOP