ヘッドラインニュース

サメ肝油健食から耐容量超えるダイオキシン

厚生労働省は25日、市場に流通する健康食品中のダイオキシン類濃度を測定した結果、サメ肝油製品5品のうち、サプリーズ(世田谷区)が販売する「イタチ鮫エキスタイガーシャーク」から、耐容一日摂取量(TDI)を超えるダイオキシン類を検出したと発表した。→続きは「健康産業速報」第1055号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 経団連、「特保の事前審査制度」で再検討要請
  2. 千葉県など、産学官共同研究で新規サプリメントを開発
  3. 厚労省・増田氏、健食安全性などで法制度改正も視野 CRN勉強会で…
  4. カテキンの摂取、抗癌剤の作用増強
  5. ハウス食品、乳酸菌事業に本格参入
  6. 米国で大豆論争が活発化
  7. 健食支出、7-9月は26%減 市場規模縮小は必至か
  8. 9月度通販売上高  健食含む食料品、再び減少
PAGE TOP