ヘッドラインニュース

和漢医薬学会、26日から岐阜で ローヤルゼリーの発表目立つ 潰痬性大腸炎などに有効 

第23回和漢医薬学会大会が26、27の両日、岐阜県の長良川国際会議場で開催される。「和漢薬の恵みを科学する」を統一テーマに、漢方だけでなく健康食品関連の発表が多数予定されている。学会奨励賞受賞講演として、鈴鹿医療科学大学の三浦俊宏氏が、ヤーコンおよびカバノアナタケの血糖低下作用について報告する→続きは「健康産業速報」第1053号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 薬事法改正で健食専業終焉? 医薬品通販増加で市場再編か
  2. 05年人間ドック全国集計 「異常なし」わずか12% 生活習慣病の…
  3. 「大豆機能研究会」が発足 大豆の健康効果を評価 健食関連企業など…
  4. 医療・医薬分野でもサプリメント法に関心
  5. コーデックス、栄養表示など検討
  6. 消費者が期待する特保は「疲労回復」「花粉症」 健食懇が報告
  7. キッスビー健全食、「醗酵熟成黒にんにく」を発売
  8. 大正製薬、健食新ブランド立ち上げへ
PAGE TOP