ヘッドラインニュース

和漢医薬学会、26日から岐阜で ローヤルゼリーの発表目立つ 潰痬性大腸炎などに有効 

第23回和漢医薬学会大会が26、27の両日、岐阜県の長良川国際会議場で開催される。「和漢薬の恵みを科学する」を統一テーマに、漢方だけでなく健康食品関連の発表が多数予定されている。学会奨励賞受賞講演として、鈴鹿医療科学大学の三浦俊宏氏が、ヤーコンおよびカバノアナタケの血糖低下作用について報告する→続きは「健康産業速報」第1053号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 効能表示、消費者が要望
  2. ナチュラルヘルスフェア 香港で盛大に
  3. ケンコーコム、アガリクスの安全性調査結果を発表
  4. 経産省事業、「特保開発」「抗メタボ食品素材開発」など支援
  5. 16年度「家計消費状況調査」健食ネット通販9.6%増
  6. ILSI国際会議、カプサイシンの肥満予防効果を報告
  7. BHNと丸善薬品産業、抗アレルギー素材「アンチアレーゼ」
  8. 家計調査6月、健食支出が今年最低額を記録
PAGE TOP