ヘッドラインニュース

健康被害情報、報告義務づけで条例改正

【1304号トップニュース】食品事業者の管理運営に関する条例を定めている104の自治体のうちの約9割が、健康食品を含む食品企業に対して、消費者から寄せられた健康被害情報の行政への報告を4月までに義務づけることが、16日わかった。
【主なニュース】
・総世帯の健食支出、3.6%増
・食安委WG、ジアシルグリセロールの安全性評価
・都、健食被害事例専門委が報告
・代替医療vs西洋医学、議論白熱
【新商品】日本ミルクコミュニティ、アサヒフードアンドヘルスケア、ロッテ健康産業、カネボウ化粧品
他ニュース多数!

関連記事

  1. 厚労省・増田推進官 「成分の届出義務化」報道を否定 「検討予定な…
  2. 規制改革推進会議 食薬区分、運用見直し検討 オリザノール等の扱い…
  3. 食品安全委が調査 健食摂取経験者が7割に 黒酢、青汁など人気
  4. 健康科学学会、11月10日から都内で
  5. 国立栄研、健食データベースの情報提供を業界に依頼
  6. 食品安全委、特保申請品目2品の安全性評価で前進
  7. 厚労省 「食薬区分」改正案
  8. 「畠中キトサン」、中国の保健食品として認可
PAGE TOP