ヘッドラインニュース

健康被害情報、報告義務づけで条例改正

【1304号トップニュース】食品事業者の管理運営に関する条例を定めている104の自治体のうちの約9割が、健康食品を含む食品企業に対して、消費者から寄せられた健康被害情報の行政への報告を4月までに義務づけることが、16日わかった。
【主なニュース】
・総世帯の健食支出、3.6%増
・食安委WG、ジアシルグリセロールの安全性評価
・都、健食被害事例専門委が報告
・代替医療vs西洋医学、議論白熱
【新商品】日本ミルクコミュニティ、アサヒフードアンドヘルスケア、ロッテ健康産業、カネボウ化粧品
他ニュース多数!

関連記事

  1. 米厚生省、膝関節炎の効果的緩和法「特定できず」 サプリを含め
  2. 「軽症者データ拡大で調査事業へ」消費者庁・赤崎氏、産業協議会で講…
  3. バイオケム、飲料用核酸の供給量が倍増
  4. 人間ドック、異常最多は「高コレステロール」 「肥満」3割超に
  5. 1228号(2008年5月16日号)配信
  6. 厚労省、アガリクス2品の安全性「問題なし」
  7. 国センの消費者相談事例、薬事法上問題ある健食で無条件解約に
  8. 健康食品、利用のポイントは「効果」 秋田などで意識調査
PAGE TOP