ヘッドラインニュース

「クリーンラベル」拡大、米ナチュラルエキスポ

3000社を超える企業が出展する食品、サプリ見本市「ナチュラルプロダクツエキスポウエスト&エレグレディア2017」が8~12日、米国カリフォルニア州アナハイムで開催され、7万5000人以上が来場した。約500社が初出展。自然派志向で「クリーンラベル」が目立ったほか、キノコ系素材も人気だった。


今年のメインテーマとなったのは「植物由来」。世界的に肉代替製品の導入が増える中、ベジタリアンやヴィーガンはもちろん、肉の消費を制限する「フレキシタリアン」対応の製品が注目を集め・・・

(詳しくは3月14日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


4年ぶりの全面改定 「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中
2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。


関連記事

  1. 「機能性表示」消費者庁、専門窓口設置
  2. キューサイ、特保市場に本格参入
  3. 住商ウェルネス、第1弾健食を上市
  4. 都消費生活総合センター 健食相談概要まとめる 健康被害も報告
  5. 16年レジャー市場2%減「フィットネス」2.1%増の4480億円…
  6. 19年度概算要求 健康食品対策を拡充 特別用途食品の見直しも
  7. 健食支出、7-9月は26%減 市場規模縮小は必至か
  8. ロート製薬、目黒化工を子会社化へ
PAGE TOP