ヘッドラインニュース

家森氏、イソフラボンで講演 「摂取目標量」でがん予防 食品安全委の評価を疑問視

循環器疾患予防国際共同研究センター長の家森幸男氏は1日、日本臨床栄養学会・日本臨床栄養協会の第4回大連合大会で「大豆イソフラボンーゲノムプラスの栄養の効果」と題して講演し、20年間の疫学研究の中から大豆の有効性を紹介した。→続きは「健康産業速報」第1057号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. カシス市場規模、35億円で足踏み
  2. 日本雑穀協、「雑穀エキスパート」を養成
  3. 厚労省 20年予算概算要求 健食安全性確保に6100万円 素材の…
  4. 農水省、健食研究に本腰 10年後の達成目標示す
  5. 特保、ついに700品突破
  6. 内臓型肥満の危険信号、「男性でウエスト85cm以上」
  7. 米、ノコギリヤシ原料の偽物が問題に
  8. 健康博覧会セミナーレポート 薬事法違反の刑事罰、「重くなっている…
PAGE TOP