ヘッドラインニュース

家森氏、イソフラボンで講演 「摂取目標量」でがん予防 食品安全委の評価を疑問視

循環器疾患予防国際共同研究センター長の家森幸男氏は1日、日本臨床栄養学会・日本臨床栄養協会の第4回大連合大会で「大豆イソフラボンーゲノムプラスの栄養の効果」と題して講演し、20年間の疫学研究の中から大豆の有効性を紹介した。→続きは「健康産業速報」第1057号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. NR協会が設立 「健食の専門家」が集結
  2. ダイエット食品のニーズが分散? メタボリックが調査
  3. 沖縄版「食事バランスガイド」を策定
  4. 加工食品の業者間取引にJAS法適用へ 健食原料にも影響か
  5. 国セン 業務の抜本的見直しへ 商品テストの外部化も 内閣府の検討…
  6. 香川県で免疫機能性食品の研究開発スタート
  7. 18年上期スーパーフードトレンド予測、1位はハナビラタケ
  8. 日本人の3人に1人ががんで死亡 厚労省調べ
PAGE TOP