ヘッドラインニュース

家森氏、イソフラボンで講演 「摂取目標量」でがん予防 食品安全委の評価を疑問視

循環器疾患予防国際共同研究センター長の家森幸男氏は1日、日本臨床栄養学会・日本臨床栄養協会の第4回大連合大会で「大豆イソフラボンーゲノムプラスの栄養の効果」と題して講演し、20年間の疫学研究の中から大豆の有効性を紹介した。→続きは「健康産業速報」第1057号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 新春特別企画 健康食品2006年ヒット予測
  2. 米調査、「Caサプリメントで体重増加抑制」
  3. ブラックコホシュの活性成分、85年間不変
  4. 消費者庁、健食広告の監視強化 17年度予算案が閣議決定
  5. 05年の健食重要研究 ハーブ等25題に決定 「緑茶+ガラナ」、体…
  6. 食品開発展、来場者4万人超 機能性表示で商談活発
  7. 05年輸入通関累計 クロレラ、約1300トンに 韓国・中国等 海…
  8. 厚労省、安全性第三者認証で日健栄協案に懸念
PAGE TOP