ヘッドラインニュース

家森氏、イソフラボンで講演 「摂取目標量」でがん予防 食品安全委の評価を疑問視

循環器疾患予防国際共同研究センター長の家森幸男氏は1日、日本臨床栄養学会・日本臨床栄養協会の第4回大連合大会で「大豆イソフラボンーゲノムプラスの栄養の効果」と題して講演し、20年間の疫学研究の中から大豆の有効性を紹介した。→続きは「健康産業速報」第1057号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 厚労省研究班 プロポリス、アロエなどの安全性確認 「発がん性なし…
  2. 特別用途食品検討会、対象食品見直しで業界が意見陳述
  3. 議連「健食問題研究会」、安全性の盲点を議論
  4. 健食利用の契機、成分で差異
  5. 富士バイオメディックス 森谷健康食品を子会社化 
  6. 久光製薬、健食通販事業スタート ダイエット食品など投入
  7. 18年上期スーパーフードトレンド予測、1位はハナビラタケ
  8. 健食支出、7-9月は26%減 市場規模縮小は必至か
PAGE TOP