ヘッドラインニュース

16年度「家計消費状況調査」健食ネット通販9.6%増

22品中で支出額11位、医薬品より多く

インターネット通販による健康食品の16年度支出額が前年度比9.6%増と伸長したことが、総務省統計局が12日に発表した総世帯の「家計消費状況調査」でわかった。健食ネット通販の前年度対比が示されたのはこれが初となる。「家計消費状況調査」は家計調査を補完する目的で、約3万世帯を対象に実施している(集計世帯数は約1万9000)。2015年1月分から、拡大するネット通販の利用実態調査に着手、食料や家電、デジタルコンテンツなど22品の支出について調査を開始。購入が増加する「健康食品」も対象に加えた。その結果、「総世帯」におけるネット通販の支出総額は・・・

ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

関連記事

  1. 18年上期スーパーフードトレンド予測、1位はハナビラタケ
  2. 混合診療解禁、イチョウ葉など医薬品化の可能性も
  3. 米国健食素材ランキングまとまる
  4. 九州地域バイオクラスター推進協議会が27日発足
  5. 米ケミン社、ポテト抽出物含有のダイエット食品を投入
  6. 森永製菓、ウイダープロテイン商品を一新 シェア拡大図る
  7. CoQ発見者が来日、国際カンファレンス開催
  8. 規制改革会議が答申、混合診療解禁問題で厚労省を追及
PAGE TOP