ヘッドラインニュース

食品開発展レポート

<博報堂・中田氏 団塊世代向け商品開発を指南>
 博報堂・BSMCリサーチディレクターの中田清氏は6日、記念セミナーで「団塊世代を狙った商品開発のヒント」と題して講演、団塊世代が定年退職を迎えて新しい生活をスタートさせる来年には、食品マーケットに大きな変化が起きるとした。
<日本カロテノイド懇話会、来月発足へ>
 日本カロテノイド懇話会は6日、来月の発足に向け、「食品開発展」の会場内で発起人会を開催した。懇話会の事業目的は、①日本カロテノイド研究会の支援、②年1回以上の総会の開催、③カロテノイドに関する海外企業・団体との国際的交流会―など。
→続きは「健康産業速報」第1067号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. ジアシルグリセロールの安全性、あすの調査会で検討
  2. 50代の2割がサプリ摂取、厚労省が初の中高年者縦断調査
  3. ネスレ、ダイエット市場に参入 6億ドルで企業買収
  4. 生活科学研究所、メシマコブ菌糸体サプリで健食事業参入
  5. 長崎県、健食訪販企業に行政処分
  6. 食品安全委、大豆イソフラボンで意見募集開始
  7. 東京都 健食による健康被害事例 報告件数が100品突破 因果関係…
  8. 総医研、博報堂と合弁会社設立へ サイト通じ特保の市販後調査
PAGE TOP