ヘッドラインニュース

食品開発展レポート

<博報堂・中田氏 団塊世代向け商品開発を指南>
 博報堂・BSMCリサーチディレクターの中田清氏は6日、記念セミナーで「団塊世代を狙った商品開発のヒント」と題して講演、団塊世代が定年退職を迎えて新しい生活をスタートさせる来年には、食品マーケットに大きな変化が起きるとした。
<日本カロテノイド懇話会、来月発足へ>
 日本カロテノイド懇話会は6日、来月の発足に向け、「食品開発展」の会場内で発起人会を開催した。懇話会の事業目的は、①日本カロテノイド研究会の支援、②年1回以上の総会の開催、③カロテノイドに関する海外企業・団体との国際的交流会―など。
→続きは「健康産業速報」第1067号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 「あるある大事典」の番組本、ダイエット情報をひとまとめに
  2. 農水省 地域食品の効果解明に本腰 機能評価法の手引き作成へ
  3. 理研、植物の硫黄代謝調節する転写因子発見
  4. 栄養士会、「栄養ケアステーション」で特保紹介を検討
  5. 九州の健康食品市場規模まとまる
  6. 厚労省、食薬区分改正案で意見募集
  7. 脂肪排出素材で“効果アリ” リコム、「キトグルカン」の作用証明
  8. 厚労省・牛尾参事官、「健康食品の新たなあり方を摸索」
PAGE TOP