ヘッドラインニュース

アガリクス問題で波紋

 一連のアガリクス問題を受けて、健康食品の安全性の確保についての課題が浮上――厚生労働省・新開発食品保健対策室長の北島智子氏は、8日に都内で行われた(財)日本健康・栄養食品協会主催の特定保健用食品申請担当者講習会で講演し、アガリクス問題の経緯と当面の対応などについて説明した。→続きは本紙で!

関連記事

  1. 健食受託企業、6割が増収
  2. 大阪でメタボ対策のトライアル事業がスタート  特保も活用
  3. 「歩行能力改善」の機能性表示食品、取下げ相次ぐ
  4. 特保一挙14品、計581品目に 規格基準型も誕生
  5. 16年度国民医療費、過去最高の32兆1111億円に
  6. 「乳酸菌」が採用素材トップに 3品に1品が「機能性表示食品」
  7. 健食の効果、「個体差考慮を」 社福協フォーラム
  8. がん代替医療で健食を検証
PAGE TOP