ヘッドラインニュース

血液検査商法、医師法逃れの新手法

 国民生活センターは15日、1月〜3月期に寄せられた「消費者トラブルメール箱」の集計結果をまとめた。公衆浴場施設内で血液検査を通じて飲料水を売りつける販売方法が問題になった。自分の血液をモニターで見ることができるサービスを1,000円で行い、「ストレスを溜めていますね」「お通じがよくないですね」などと分析、その後「人によっては血液がさらさらになる」などと言って飲料水を渡していた。

関連記事

  1. 日健栄協・賀詞交歓会、「再浮上と信頼回復の幕開け」
  2. 改正特商法 まもなく施行1ヵ月
  3. 農水省、機能性食品の事業化など支援
  4. アムスライフサイエンス、本草製薬との共同開発健食を発売
  5. 栄養機能食品、規格基準値見直しへ
  6. 塩野義製薬、クオリカプスグループの株式譲渡
  7. 「乳酸菌」好調、海外案件も牽引 17年上半期・健食受託企業調査
  8. 全健協、新春の集いに120人
PAGE TOP