ヘッドラインニュース

血液検査商法、医師法逃れの新手法

 国民生活センターは15日、1月〜3月期に寄せられた「消費者トラブルメール箱」の集計結果をまとめた。公衆浴場施設内で血液検査を通じて飲料水を売りつける販売方法が問題になった。自分の血液をモニターで見ることができるサービスを1,000円で行い、「ストレスを溜めていますね」「お通じがよくないですね」などと分析、その後「人によっては血液がさらさらになる」などと言って飲料水を渡していた。

関連記事

  1. 農水省 技術開発支援で新産業創出 食品機能性研究など公募(1/2…
  2. 厚労省、アガリクス問題で通知
  3. 通販協調査、健食含む「食料品」売上高6%増
  4. 厚労省など、健食被害防止で啓発冊子
  5. 三井物産、クロレラ健食を発売
  6. 欧州、健康強調表示の国際強調で前進 日本孤立か
  7. 食品開発展レポート
  8. 健康産業速報ロゴ2 サン・クロレラ、サプリ“飲み忘れ防止”で新サービス
PAGE TOP