ヘッドラインニュース

血液検査商法、医師法逃れの新手法

 国民生活センターは15日、1月〜3月期に寄せられた「消費者トラブルメール箱」の集計結果をまとめた。公衆浴場施設内で血液検査を通じて飲料水を売りつける販売方法が問題になった。自分の血液をモニターで見ることができるサービスを1,000円で行い、「ストレスを溜めていますね」「お通じがよくないですね」などと分析、その後「人によっては血液がさらさらになる」などと言って飲料水を渡していた。

関連記事

  1. カテキンの摂取、抗癌剤の作用増強
  2. 食品開発展 記念セミナー32講座が決定
  3. グルコサミン研究会、臨床報告など相次ぐ
  4. 食品安全委 新開発食品専門調査会 アガリクスの作業部会設置
  5. 食品開発展、20日(火)開幕 570社・960小間で過去最大 業…
  6. 東京都 健食講習会に1200人超 食薬区分、「毒性データ重視」
  7. 16年度「家計消費状況調査」健食ネット通販9.6%増
  8. 米調査、「Caサプリメントで体重増加抑制」
PAGE TOP