ヘッドラインニュース

血液検査商法、医師法逃れの新手法

 国民生活センターは15日、1月〜3月期に寄せられた「消費者トラブルメール箱」の集計結果をまとめた。公衆浴場施設内で血液検査を通じて飲料水を売りつける販売方法が問題になった。自分の血液をモニターで見ることができるサービスを1,000円で行い、「ストレスを溜めていますね」「お通じがよくないですね」などと分析、その後「人によっては血液がさらさらになる」などと言って飲料水を渡していた。

関連記事

  1. エキナセアに風邪予防効果、メタ解析で実証
  2. 健康食品の受託試験「抗加齢」の評価依頼急増 エビデンス重視に拍車…
  3. 栄養成分表示で抜本改正
  4. ミル総本社、特保「エコライフ」刷新
  5. サン・クロレラ、「エゾウコギで皮膚コラーゲン減少抑制」
  6. 米IFT(7/29~31) 約千社が出展 ベリー等、果実素材目立…
  7. 厚労省、「消除予定添加物名簿」を官報告示
  8. 「大学生が健食等の不当表示をチェック」 埼玉県初の試み
PAGE TOP