ヘッドラインニュース

血液検査商法、医師法逃れの新手法

 国民生活センターは15日、1月〜3月期に寄せられた「消費者トラブルメール箱」の集計結果をまとめた。公衆浴場施設内で血液検査を通じて飲料水を売りつける販売方法が問題になった。自分の血液をモニターで見ることができるサービスを1,000円で行い、「ストレスを溜めていますね」「お通じがよくないですね」などと分析、その後「人によっては血液がさらさらになる」などと言って飲料水を渡していた。

関連記事

  1. EU、ヘルスクレームで前進 アガリクスの免疫表示申請 英FSAが…
  2. 中国の電子商取引市場、56兆円 「越境」は4.8兆円、サプリ人気…
  3. 調剤薬局、健康食品の販売拡充
  4. 健食利用の契機、成分で差異
  5. 厚労省 アガリクス問題で前進 安全性試験が大詰め 今月末にも最終…
  6. アンチ・エイジング・ライフ、「ナリネ菌」のOEM提案開始
  7. 食品安全モニター、栄養機能食品の書類提出義務化を要求
  8. ハウス食品、乳酸菌事業に本格参入
PAGE TOP