ヘッドラインニュース

血液検査商法、医師法逃れの新手法

 国民生活センターは15日、1月〜3月期に寄せられた「消費者トラブルメール箱」の集計結果をまとめた。公衆浴場施設内で血液検査を通じて飲料水を売りつける販売方法が問題になった。自分の血液をモニターで見ることができるサービスを1,000円で行い、「ストレスを溜めていますね」「お通じがよくないですね」などと分析、その後「人によっては血液がさらさらになる」などと言って飲料水を渡していた。

関連記事

  1. 警視庁 新聞社等に協力求める
  2. 「大豆機能研究会」が発足 大豆の健康効果を評価 健食関連企業など…
  3. ミツバ貿易、沙棘ストレート果汁の供給開始
  4. ナチュラルヘルスフェア 香港で盛大に
  5. 昨年の「総世帯」の健食支出、3・6%減
  6. 07年健食市場規模 2.5%減の1兆1800億円 2年連続で縮小…
  7. RJ公取協、ポジティブリスト制で対応策
  8. 東京都 16年度の消費生活相談 
PAGE TOP