ヘッドラインニュース

血液検査商法、医師法逃れの新手法

 国民生活センターは15日、1月〜3月期に寄せられた「消費者トラブルメール箱」の集計結果をまとめた。公衆浴場施設内で血液検査を通じて飲料水を売りつける販売方法が問題になった。自分の血液をモニターで見ることができるサービスを1,000円で行い、「ストレスを溜めていますね」「お通じがよくないですね」などと分析、その後「人によっては血液がさらさらになる」などと言って飲料水を渡していた。

関連記事

  1. 厚労省 被害発生時の初動体制整備 健食等の風評被害防止へ 今年度…
  2. 健食業者の逮捕事例相次ぐ 「免疫力向上」標榜で
  3. 自民党、参院選公約に「機能性食品の開発・商品化」
  4. 米裁判所、FDAのエフェドラ規制を支持
  5. 医療・医薬分野でもサプリメント法に関心
  6. 不二製油、EC通販市場に参入 大豆サプリ発売
  7. 花王、来夏に新特保「ヘルシアウォーター」投入
  8. 都、今年も健食製造業者に立入調査
PAGE TOP