ヘッドラインニュース

広告講習会に700人超 美容健食表示で違反増加 「弾むような肌」「美白」等 

 東京都は18日、医薬品等広告講習会を開催、700人以上が参加した。冒頭、福祉保健局健康安全室薬事監視課長の古屋正裕氏は、「行政でいま一番課題となっているのはインターネット広告」と指摘。薬事法に抵触するネット広告は個別指導では限界があるため、今月開催された都道府県の薬務担当者の全国会合で、「ネット広告規制について抜本的な対策を国に要望することで合意した」と報告した。→続きは「健康産業速報」第1070号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. アスタキサンチン研究会が発足
  2. ビタミンCの風邪予防効果に疑問?
  3. 薬事法違反等の摘発増加
  4. 厚労省研究班 メタボ基準、女性の腹囲「80cm」
  5. 日健栄協、林理事長による新体制発足
  6. 健食業者の逮捕事例相次ぐ 「免疫力向上」標榜で
  7. 大正製薬、特保「グルコケア」に粉末スティックタイプ
  8. 食品安全委、特保の安全性評価で新提案
PAGE TOP