ヘッドラインニュース

東洋新薬、ビワ葉抽出物「ロイスリン」の体脂肪抑制効果を確認

 東洋新薬(0942・81・3555)は、同社のオリジナル素材であるビワ葉抽出物「ロイスリン」が体脂肪蓄積抑制と筋芽細胞の活性化に作用することを明らかにした。同素材は、血糖値降下作用など糖尿病の予防・改善効果が期待されるコロソリン酸を30%含有している。→続きは「健康産業速報」第1073号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 07年版厚生労働白書 「医療重視姿勢」鮮明に 健食は「指導対象」…
  2. ラクトフェリンフォーラム、4・13事務連絡取り上げ12日に講演会…
  3. 農水省、健食研究に本腰 10年後の達成目標示す
  4. 京都府立医大、新規のクロレラ株を発見
  5. 健康産業売上高ランキング、総額1兆9700億円
  6. 日健栄協のCoQ10販売後調査、今月中旬スタート
  7. 林原、会社更生手続き開始
  8. 第1回統合医療展 ファンケル等100社が出展
PAGE TOP