ヘッドラインニュース

東洋新薬、ビワ葉抽出物「ロイスリン」の体脂肪抑制効果を確認

 東洋新薬(0942・81・3555)は、同社のオリジナル素材であるビワ葉抽出物「ロイスリン」が体脂肪蓄積抑制と筋芽細胞の活性化に作用することを明らかにした。同素材は、血糖値降下作用など糖尿病の予防・改善効果が期待されるコロソリン酸を30%含有している。→続きは「健康産業速報」第1073号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 日本新薬、健食販売の子会社が営業開始
  2. 東洋新薬、有機JAS青汁原料の生産体制確立
  3. 厚労省、新特保制度でQ&A集 表示違反で特保許可取消も
  4. 食品安全委、大豆イソフラボンのリスク評価結果まとまる
  5. 「あるある」後継番組、4月以降もローカルで
  6. 日健栄協の健食GMP、アピなど3社認定
  7. 景表法の排除命令、7%減も依然高水準
  8. サントリー08年方針、健食事業で売上335億円目指す
PAGE TOP