ヘッドラインニュース

厚労科学研究 新規フラボノイドに抗がん作用 ウーロン茶葉から発見

 ウーロン茶葉から発見された新規フラボノイドに発がん抑制作用があることが、厚生労働科学研究費補助金による「第3次対がん総合戦略研究事業」でわかった。→続きは本紙で!

関連記事

  1. 特保の事前審査制度、実現厳しい情勢に
  2. アピ、サプリメント研究会開催 香辛料の有効性など紹介
  3. 日本CoQ1協、10品に初の認定マーク
  4. 日健栄協 賀詞交歓会を開催 厚労省、健食に期待感 「業界の団結を…
  5. キリンとヤクルト、新会社を設立 「新時代の健食事業を創造」
  6. サントリー、「黒烏龍茶」の年間販売計画を上方修正
  7. 抗酸化食品の適正摂取、男性の寿命も女性並みに?
  8. 民主党、「健康食品法」の立法化検討
PAGE TOP