ヘッドラインニュース

厚労科学研究 新規フラボノイドに抗がん作用 ウーロン茶葉から発見

 ウーロン茶葉から発見された新規フラボノイドに発がん抑制作用があることが、厚生労働科学研究費補助金による「第3次対がん総合戦略研究事業」でわかった。→続きは本紙で!

関連記事

  1. 味の素、「アミノ酸が睡眠の質を改善」
  2. 菅俣粉体工業、50種類以上の有機JAS原料調達
  3. TV通販、表示規制を厳格化へ
  4. イソフラボン問題でモニター調査 健食摂取量、8割弱「変化なし」 …
  5. 農水省、ORACの普及に着手
  6. 東京都 健食講習会に980人 商品説明資料で薬事法違反も 表示規…
  7. ニューウエイズ、業務停止命令受け「法令順守を強化」
  8. 健康コーポレーション、米国市場に進出
PAGE TOP