ヘッドラインニュース

厚労科学研究 新規フラボノイドに抗がん作用 ウーロン茶葉から発見

 ウーロン茶葉から発見された新規フラボノイドに発がん抑制作用があることが、厚生労働科学研究費補助金による「第3次対がん総合戦略研究事業」でわかった。→続きは本紙で!

関連記事

  1. NCCAM、エキナセアの風邪治療効果で否定的見解
  2. 経産省、「元気なモノ作り中小企業」300社決定 健食企業も
  3. 家計調査 05年・健食月額支出 15%増の1429円
  4. ポジティブリスト制度、「家庭菜園からの農薬飛散にも注意」
  5. ファイン、ソフトカプセル工場が兵庫県に完成
  6. 健康増進法等の一部地方へ譲渡
  7. 15年度サプリ支出0.4%増 3月大幅増、プラスで着地
  8. 機能性評価モデル事業 11チーム整備、延べ60社参加
PAGE TOP