ヘッドラインニュース

「健食被害検討会」発足へ 年内にも初会合 状況に応じ商品名公開

 厚生労働省は、「健康食品による健康被害事例検討会(仮)」を今年度内に発足させることを決めた。同検討会の立ち上げは平成19年度予算概算要求に盛り込んだもので、新規に330万円を計上、健康食品による健康被害が発生した場合に、専門家を招集して対応策を検討するというもの(速報1055号既報)。厚労省ではアマメシバなどの事例のように、健康被害が発生するたびに個別の対応を強いられてきたが、今後は常設の検討会として健康食品による健康被害への対応にあたる。→続きは『健康産業速報』第1081号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. ミル総本社、特保「エコライフ」刷新
  2. キューサイ、特保市場に本格参入
  3. 沖縄県、平成23年度に健食売上高542億円目指す
  4. ダイエット&ビューティーフェア、25日開幕
  5. 食品安全委 アガリクス問題で調査会 試験結果、8月にも報告 安全…
  6. 住友商事と東洋新薬、健食・化粧品販売の合弁会社設立
  7. DAGのリスク評価、がんセンターの試験結果待ちに
  8. 名工大・下村氏、アミノ酸特保の登場を示唆
PAGE TOP