ヘッドラインニュース

奈良県調査、健食利用経験者93%

 奈良県食品・生活相談センターは21日、健康食品についての消費者意識調査結果を発表した。調査は昨年9月から10月にかけて、県内の消費者1000人を対象に実施、788人から回答を得た。健康食品をどう思うかを聞いたところ、「健康によさそうな気がする」が74.1%でもっとも多かった。→続きは『健康産業速報』第1105号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 日本人の3人に1人ががんで死亡 厚労省調べ
  2. 薬学会、28~31日に北海道で
  3. クオリカプス、HPMCの健食向け展開強化
  4. アガリクスのバイブル本事件、健食販社社長らに有罪判決
  5. 健食被害検討会が初会合、過去の事例を紹介
  6. 1233号(2008年6月3日号)配信
  7. 厚労省 妊婦の食生活指針作成へ
  8. 04年受託製造企業調査
PAGE TOP