食品素材の記事

スパイスで認知症予防を考える
―ウコン由来ターメロン、ゴマ由来セサミン、セサモリン

認知症の中でも患者数の最も多いアルツハイマー型認知症は、その発症の10~20年前から脳内に老人斑といわれる異常たんぱく質の凝集体が生成することから始まり、次いで脳神経細胞の壊死が進行し症状が発症するといわれている。

予防のコンセプトとして稲畑香料では、様々な機能が期待されるスパイスから老人斑生成に関与する酵素(β-セクレターゼ)活性を阻害する作用を探索し、ウコンおよびゴマより有効成分を同定した。またこれらの成分は、マウス経口投与実験において酵素の作用点である脳に到達していることを確認。よってこれら成分を壮年期より日常食生活に取り入れることで認知症の予防が期待できるとした。

同社では、サプリメント原料として利用できる形態として、ターメロン類40%以上、セサミンおよびセサモリンを各5%以上と高濃度に規格化した混合オイルを新たに認知症予防およびアンチエイジング素材として上市した。

関連記事

  1. 無水マレイン酸・フマル酸事業、製販一体に
    ―扶桑化学工業が…
  2. 一般食品への採用が急伸「シールド乳酸菌®M-1」
  3. 東北製薬グループが合弁でソルビトール生産へ
    自社のビタミン…
  4. 国産の鹿角霊芝エキス末を紹介
  5. デュポン、植物性食品・飲料向けの乳酸菌カルチャーを発売
  6. 発毛を促進する機能性食品素材・豆苗エキス発売
  7. 消費者庁、グリーンコープ連合に景表法違反で措置命令
  8. 睡眠改善機能をもつカジメ抽出物
PAGE TOP