食品素材の記事

グルコサミンで膝関節の可動性をサポート
プロテインケミカル、新たな機能性表示で受理

プロテインケミカルの「NEW(ニュー)グルコサミン」が、「膝関節の可動性(曲げ伸ばし)をサポートする」旨をヘルスクレームとする機能性表示食品としてこのほど受理された(C410)。

研究レビューは、健常者を対象とするグルコサミン摂取での膝関節機能におよぼす影響を評価した臨床研究5報の文献で実施。グルコサミン1500mg/日の摂取が膝関節の可動性(曲げ伸ばし)をサポートし、膝の不快感をやわらげることが期待でき、膝関節の動きに悩みのある人に適すると結論づけている。今後は販売会社へのサポートを積極的に行っていく。

同社が手がける機能性表示食品では、これまでにグルコサミンの「関節軟骨の保護作用」に関する変更届が受理されているほか、グルコサミンとN-アセチルグルコサミンの「肌の乾燥緩和」に関しても受理されている。

関連記事

  1. 消費者庁、グリーンコープ連合に景表法違反で措置命令
  2. 減塩と糖質制限についてのトータル提案
    三栄源エフ・エフ・ア…
  3. セティ、オーラルケアで注目のロイテリ菌を新発売
  4. 一般食品への採用が急伸「シールド乳酸菌®M-1」
  5. 日本製粉、国産ペーストビーツの供給開始
  6. コラーゲンペプチドを「トータルロコモ」素材として提案
  7. ミニブック発行で「トレハ」の和食での利用を推進
  8. 抗アレルギー作用で知られる柑橘「じゃばら」が、抽出物の登場で加工…
PAGE TOP