ヘッドラインニュース

機能性表示、17年度受理数は前年度比27%減

 消費者庁は1日、機能性表示食品として受理した1品の情報を公開した。2018年度最初の「D1」として受理されたのは、キャネットのサプリメント「ララ ウォーク」。同社の受理は初。HMBを含む筋肉・歩行対応で、製造者は玄聖とナルミヤ。

 届出取下げを含む年度別受理数は、初年度の2015年度が310品、16年度が620品、17年度が452品。17年度は前年度比27%減となった。

届出取下げは現時点で66品。これを引いた累計受理数は1317品となる。

⇒「健康産業速報」は、国内外の健康・栄養に関する最新情報を週2回(火・金)、FAXにより一斉送信。詳しくはこちら

関連記事

  1. 総務省 家計調査4月 健食支出額、増加傾向に 前年同月比はマイナ…
  2. コーデックス総会が閉幕、IADSA提案の食品添加物使用量を承認
  3. 食品の機能表示、「一定の傾向」ではダメ  厚労省が見解
  4. 05年の健食重要研究 ハーブ等25題に決定 「緑茶+ガラナ」、体…
  5. 「PHR」システム、健康サービスでサプリ提供
  6. 本紙主催「個人情報保護法」講演会(18日)
  7. 15年度売上高調査 健食3.6%増の1895億円
  8. エキナセアに風邪予防効果、メタ解析で実証
PAGE TOP