技術・機器の記事

ノロ対策で食添殺菌料活用ソリューションの提案を加速

安全環境研究所は、水分活性が低く菌が繁殖しにくいとされる乾燥海苔がノロウイルス感染源となり、食中毒事故を引き起こした事件を重大視し、食品産業へ向けた効果的なノロウイルス対策ソリューション提案を加速する。

同社が提案するノロウイルス対策ソリューションは、同社が開発した唯一の中性殺菌料である食品添加物殺菌料「ジアミスティー®」を活用するもの。塩素系殺菌剤ながら中性であるため、スプレー噴霧で簡単に殺菌消毒が行える点が特長だ。ノロウイルスに感染していても症状が出ていない従業員が感染源になる可能性も踏まえ、直接食材に接触する調理器具や手袋、トイレ、洗面台(以上を特に重視)のほか、白衣・ユニフォーム、テーブル、椅子、ドアノブ、手すりなどの調理・製造施設内機器・設備や備品にジアミスティー®を散布し、調理・製造前に徹底的にウイルス除去を行う。ジアミスティー®は、食品添加物に指定されているため、野菜・果物や肉、魚介類などへの直接散布も可能。食材に付着したウイルスをあらかじめ除去することで、汚染食材による感染拡大のリスクを大幅に低減できるとしている。

同社はまた、ユーザーがジアミスティー®を使った効果的な衛生管理が行うための具体的な取組方を示した各種マニュアル(「施設消毒マニュアル」「食材簡易殺菌マニュアル」「おう吐物処理マニュアル」)も用意するなど、ユーザーの衛生管理対策を具体的にサポートする体制を整えている。

関連記事

  1. 防虫用エアカーテンに省スペースタイプ「バグシャッター スリム」登…
  2. リアルタイムで測定する感圧システム
  3. 圧力伝達用封入液を不要にした新型圧力トランスミッタ
  4. ウイルス対応範囲をより広げた手指消毒用アルコール系除菌剤
  5. 飛来虫侵入防止効果を高めたシートシャッターの受注加速
  6. 熱流、応力が可視化できる赤外線応用可視化システム開発
  7. 微酸性次亜塩素酸水を活用した青果・野菜類活性化装置
  8. 数々のアワードを受賞 超小型・高性能 MS検出器が選ばれる理由

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP