技術・機器の記事

マイクロ波焙煎小麦を使用したコラボレーションビール完成~ミクロ電子50周年記念事業~

ミクロ電子(埼玉県川越市)は創立50周年記念事業として、同市内のCOEDOブルワリーと共同で、マイクロ波焙煎小麦と地元の川越芋をブレンドした世界初のマイクロ波技術によるクラフトビール(Beer Style:Microwave amber with Sweet potato)を完成させた。

同ビールは、焙煎工程に同社の回転ドラム式マイクロ波加熱乾燥装置を使用したのが特徴だ。一般的に用いられる熱風乾燥に比べ、マイクロ波加熱乾燥は均一な加熱と時短処理が可能になる。そのため、小麦へのダメージを最小限に抑えながらも麦芽の香ばしさとうま味を余すところなく引き出すことに成功した。マイクロ波焙煎した小麦は同社のロゴカラーをイメージしたオレンジ色を生み出しており、香ばしさと清涼感溢れる上質なアンバーエールに仕上がっている。

同社では、今回限定醸造したビールの評価をフィードバックすることで技術のさらなるブラッシュアップを図るとともに、小麦の焙煎以外にも用途拡大を目指していきたい考えだ。焙煎方法は特許申請中。COEDOビールでは同社が賛同する団体の記念日にエールビールでエールを送る、Anniversary Yell Projectを実施している。

ミクロ電子(株) 代表取締役 山中亨 氏(左)、営業部 遠藤悠司 氏(右)

関連記事

  1. 新型コロナウイルスなど接触感染対策に最適な手洗い用タッチレスタイ…
  2. リアルタイムで測定する感圧システム
  3. 独自近赤外線技術で異物検出・除去から品質管理まで実現
  4. 監視機能搭載の温度・湿度・衝撃測定可能な新型ウォッチロガー
  5. 農水規格対応のコメ容積重・水分検査鑑定ユニット発売
  6. 全自動強制手洗器をリニューアルHACCP対策に親和性高まる
  7. 高濃度・高粘度での大流量循環運転が可能なムゲンフロー®を初披露
  8. 製造業がチャンスをつかむために必要なデジタル・ソリューションとは…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP