食品素材の記事

リンゴンベリー種子オイルの本格提案を開始

セティではリンゴンベリー種子由来のオイル「リンゴンベリーシードオイル」のサンプルワークを開始した。

フィンランド・Aromtech社の製品で、リンゴンベリーの種子に約30%含まれる脂質を、有機溶媒を使用せずCO2超臨界抽出法で製造したもの。ω3(α-リノレン酸)とω6(リノール酸)をバランスよく含み、強力な抗酸化力を持つγ-トコトリエノールも含有する。

同品はヒト試験にて肌に対する有効性を確認している。35~65歳の女性を対象にリンゴベリーシードオイルを2g/日、3か月の摂取により、肌の水分量の増加、弾力性の向上、キメ改善、肌の組織密度の増加がみられた。これらのデータを紹介しながら、美容素材として提案を進めていく。

関連記事

  1. オリザ油化、美容向けの新素材「トマト種子エキス」を開発―10/3…
  2. 腸内環境改善とアレルギー対策で注目、大和薬品の「米ケフィラン」
  3. 筋量増加が示唆された卵白たん白
  4. EC-12の供給不安が完全解消、さらなる利用拡大に向け提案を強化…
  5. MORESCO 三栄源エフ・エフ・アイ、WPIとキサンタンを用いた乳化技術を食品…
  6. 高温で活性があるため、生地にすぐに添加して使える老化防止製剤
  7. ウエノフードテクノ、抹茶食品などの変色を抑える製剤を開発
  8. スポーツニュートリション 清水化学、「CarnoSyn®」ブランドのベータアラニン販売開始…

おすすめリンク先

PAGE TOP