食品素材の記事

リンゴンベリー種子オイルの本格提案を開始

セティではリンゴンベリー種子由来のオイル「リンゴンベリーシードオイル」のサンプルワークを開始した。

フィンランド・Aromtech社の製品で、リンゴンベリーの種子に約30%含まれる脂質を、有機溶媒を使用せずCO2超臨界抽出法で製造したもの。ω3(α-リノレン酸)とω6(リノール酸)をバランスよく含み、強力な抗酸化力を持つγ-トコトリエノールも含有する。

同品はヒト試験にて肌に対する有効性を確認している。35~65歳の女性を対象にリンゴベリーシードオイルを2g/日、3か月の摂取により、肌の水分量の増加、弾力性の向上、キメ改善、肌の組織密度の増加がみられた。これらのデータを紹介しながら、美容素材として提案を進めていく。

関連記事

  1. ゲルプレス製法によるイオタカラギナン「SP-100」を紹介
  2. レジスタントスターチが腸内環境改善および骨密度低下の抑制に繋がる…
  3. ピーカンナッツの殻由来の不溶性食物繊維素材を本格販売
  4. ステビア甘味料の残甘味を軽減
  5. CamiloCoteによるPixabayからの画像 テルヴィス、アガベイヌリンの抗糖尿病作用に関する結果を発表
  6. さとうきび抽出物を大豆たん白使用の代替肉もマスキング・呈味改善に…
  7. ケリー・ジャパン、各種由来の植物たん白・ペプチド製品、特に米ペプ…
  8. カイコハナサナギタケ冬虫夏草で中途覚醒や寝つきを改善

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP