食品素材の記事

リンゴンベリー種子オイルの本格提案を開始

セティではリンゴンベリー種子由来のオイル「リンゴンベリーシードオイル」のサンプルワークを開始した。

フィンランド・Aromtech社の製品で、リンゴンベリーの種子に約30%含まれる脂質を、有機溶媒を使用せずCO2超臨界抽出法で製造したもの。ω3(α-リノレン酸)とω6(リノール酸)をバランスよく含み、強力な抗酸化力を持つγ-トコトリエノールも含有する。

同品はヒト試験にて肌に対する有効性を確認している。35~65歳の女性を対象にリンゴベリーシードオイルを2g/日、3か月の摂取により、肌の水分量の増加、弾力性の向上、キメ改善、肌の組織密度の増加がみられた。これらのデータを紹介しながら、美容素材として提案を進めていく。

関連記事

  1. スイーツやスポーツ分野で広がるパラチノース
  2. デュポン、ビフィズス菌B420の体脂肪低減効果の研究成果を発表
  3. 抗アレルギー作用で知られる柑橘「じゃばら」が、抽出物の登場で加工…
  4. カルシウムの吸収性を高める素材「CPP」を積極提案
  5. スパイスで認知症予防を考える
    ―ウコン由来ターメロン、ゴ…
  6. オリザ油化、「菊の花エキス」の尿酸値低下作用で機能性表示食品への…
  7. 高品質・低コストのオリーブ葉エキス製品を紹介
  8. 鶏ムネ肉プラズマローゲン摂取による認知機能低下予防作用を発表
PAGE TOP