バックナンバー

健康食品市場の動向と機能性素材の開発

素材(コンドロイチン、ヒアルロン酸、セラミド)
わが国の健康食品市場は、2002年推定で1兆円を突破し、今後の成長についても各方面から期待が寄せられている。わが国の健康食品市場は、高齢化社会の到来、生活習慣病の増加、医療費の自己負担増など社会環境の変化と高まる健康ニーズに支えられ、ここ数年堅調な伸びを示している。しかしその一方で、輸入原料の残留農薬問題、中国製「ヤセ薬」問題と安全性を脅かす事故の発生や行政サイドの規制強化の動きに対し、有用性や安全性など製品品質に対する厳しい要求もみられるようになり、高度な品質が問われる時代となっている。
本稿では、前半に幾つかの研究報文を紹介、後半に市場の動きを紹介していく。


●注目のコンドロイチン・ヒアルロン酸・
セラミドサプライヤー

新日本薬業
焼津水産化学工業
・日本バリアフリー
エル・エスコーポレーション
オリザ油化
日本油脂

関連記事

  1. 【2020年7月号】特集/新しい植物たん白製品の開発/開発進む災…
  2. 【2020年1月号】特集/これからの物流を考える(フード・フォラ…
  3. 【2019年8月号・特集】機能性成分の吸収利用率向上技術と素材開…
  4. 【2018年4月号・特集】新しい食感開発と評価法
  5. 【2015年5月号・特集】改正HACCPへの対応と異物対策
  6. これからの食マーケティング
  7. 【2016年1月号・特集】生理活性物質としてのDHA・EPAの機…
  8. 【2020年3月号】特集/機能性表示食品の現状と課題

おすすめリンク先

PAGE TOP