食品素材の記事

BGG Japan、ノコギリヤシエキスを年内に供給開始予定

BGG Japanではノコギリヤシエキス「ノコギリヤシオイルSC」の供給を、年内をめどに開始する予定。

フロリダに自生するノコギリヤシの完熟果実から、欧州の提携工場にて超臨界抽出した製品。BGGが収穫から携わっており、収穫は手摘みで、完熟果実を厳選して使用している。また、超臨界抽出のため残留溶媒の心配がないなど、安全・安心・高品質なオイルであることを訴求する。

同品の規格は、総脂肪酸含量85~95%、総ステロールは0.20~0.50%。以前から問い合わせが多かったこともあり、安定供給体制を整えて、供給を開始する。

関連記事

  1. 酒石酸相場が高騰 欧州ブドウ2年連続の不作の懸念が強まる
  2. ウコン抽出物の変形性膝関節症とNASHへの有効性試験
  3. プロテオグリカンが「肌弾力の維持」で機能性表示食品の表示が可能に…
  4. セティ、乳酸菌の高濃度シリーズラインアップ拡充
  5. トルラ酵母由来食物繊維の食後血糖値上昇抑制効果を確認
  6. EC-12の供給不安が完全解消、さらなる利用拡大に向け提案を強化…
  7. 丸善製薬、ヒハツ抽出物およびピペリン類のむくみ改善作用のメカニズ…
  8. エル・エスコーポレーション、エルゴチオネインの脳機能に関するヒト…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP