食品素材の記事

BGG Japan、ノコギリヤシエキスを年内に供給開始予定

BGG Japanではノコギリヤシエキス「ノコギリヤシオイルSC」の供給を、年内をめどに開始する予定。

フロリダに自生するノコギリヤシの完熟果実から、欧州の提携工場にて超臨界抽出した製品。BGGが収穫から携わっており、収穫は手摘みで、完熟果実を厳選して使用している。また、超臨界抽出のため残留溶媒の心配がないなど、安全・安心・高品質なオイルであることを訴求する。

同品の規格は、総脂肪酸含量85~95%、総ステロールは0.20~0.50%。以前から問い合わせが多かったこともあり、安定供給体制を整えて、供給を開始する。

関連記事

  1. さとうきび抽出物を大豆たん白使用の代替肉もマスキング・呈味改善に…
  2. 打錠用グレードによる打錠サンプル 物産フードサイエンス、エリスリトールの打錠用グレードを発売
  3. ルチンの内臓脂肪低減作用に関するSRの提供を開始
  4. オリザ油化、シーベリーエキスとノコギリヤシエキスとの相乗効果を発…
  5. 三栄源エフ・エフ・アイとライコレッド、飲料分野でトマト色素の独占…
  6. IHM、鶏プラズマローゲン含有素材「Plasmax®」を機能性表…
  7. 森永乳業の子会社であるドイツ・ミライ社、ラクトフェリン製造能力を…
  8. 和歌山県産の梅の種を使った「梅種炭粉末」発売

おすすめリンク先

PAGE TOP