食品素材の記事

BGG Japan、ノコギリヤシエキスを年内に供給開始予定

BGG Japanではノコギリヤシエキス「ノコギリヤシオイルSC」の供給を、年内をめどに開始する予定。

フロリダに自生するノコギリヤシの完熟果実から、欧州の提携工場にて超臨界抽出した製品。BGGが収穫から携わっており、収穫は手摘みで、完熟果実を厳選して使用している。また、超臨界抽出のため残留溶媒の心配がないなど、安全・安心・高品質なオイルであることを訴求する。

同品の規格は、総脂肪酸含量85~95%、総ステロールは0.20~0.50%。以前から問い合わせが多かったこともあり、安定供給体制を整えて、供給を開始する。

関連記事

  1. 豊富なエビデンスをもつザクロエキス発売
  2. サントレック、たん白素材として注目される食用コオロギ粉末を販売
  3. 酒石酸相場が高騰 欧州ブドウ2年連続の不作の懸念が強まる
  4. 新規抗ロコモ素材「NEM®」本格販売―アスク薬品
  5. カナダから生鮮チェリーがデビュー 大粒で8月に食べられる「スタッ…
  6. プロテオグリカンが「肌弾力の維持」で機能性表示食品の表示が可能に…
  7. ネイチャーライフ、じゃばらやシークワーサーからの機能性素材を研究…
  8. 池田糖化工業、「甘草根エキスパウダー」を和漢食品向けに提案

おすすめリンク先

PAGE TOP