食品素材の記事

BGG Japan、ノコギリヤシエキスを年内に供給開始予定

BGG Japanではノコギリヤシエキス「ノコギリヤシオイルSC」の供給を、年内をめどに開始する予定。

フロリダに自生するノコギリヤシの完熟果実から、欧州の提携工場にて超臨界抽出した製品。BGGが収穫から携わっており、収穫は手摘みで、完熟果実を厳選して使用している。また、超臨界抽出のため残留溶媒の心配がないなど、安全・安心・高品質なオイルであることを訴求する。

同品の規格は、総脂肪酸含量85~95%、総ステロールは0.20~0.50%。以前から問い合わせが多かったこともあり、安定供給体制を整えて、供給を開始する。

関連記事

  1. パルミトレイン酸含量を規格化したマカダミア油パウダーを上市
  2. BGG Japan、内臓脂肪低減作用で受理実績を持つ「アップルフ…
  3. 鶏ムネ肉プラズマローゲン摂取による認知機能低下予防作用を発表
  4. ルテインと脳機能の関連―DSM、ルテインセミナー開催
  5. オリザ油化、「菊の花エキス」の尿酸値低下作用で機能性表示食品への…
  6. 新規抗ロコモ素材「NEM®」本格販売―アスク薬品
  7. 三菱商事ライフサイエンスの焼きあごだし 三菱商事ライフサイエンス、「だし本番® 」シリーズに焼きあごだし…
  8. オリザ油化、トマト種子エキスのアレルギー性皮膚炎改善効果を発見し…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP