食品素材の記事

アメリカ産フレッシュブルーベリーの生産は良好に推移

USハイブッシュブルーベリー協会(USHBC)は、20日にアメリカ産ハイブッシュ(栽培種)ブルーベリーの2018年の生産状況と輸出量の見込みを発表した。今年は天候による悪影響もなく、果実の品質も良好に推移しているとのこと。

収穫
・アメリカ南部の州 5月に収穫のピークを終えたところ
・西海岸の週 6月から収穫が始まり、9月頃まで続く予定

輸出
・日本はアジアの中で、アメリカ産フレッシュブルーベリーの最大の輸出相手国
・2018年1~3月では、アメリカ産冷凍ブルーベリーとドライブルーベリーの日本への輸出量は昨年同時期比で40%増加しており、フレッシュについても同様の増加が期待されている

USHBCでは「美容と健康」をテーマに様々なプロモーション活動を展開していく予定
・全国の量販店や小売店での店頭試食販売
6~8月 フレッシュブルーベリー、9~12月 冷凍ブルーベリー
・カフェ、ジュースバーなどでの新たなメニュー開発と店舗販売

USハイブッシュブルーベリー協会についてはこちら http://www.usblueberry.jp/

関連記事

  1. 「おいしさをもっと簡単に」をテーマに製菓・製パン用の新製品発売
  2. スイス・ホーファー社ナラの木由来の特許素材「ロブビット」の供給へ…
  3. たん白高配合製品に、味が良く使いやすい乳たん白製品を提案
  4. 一般食品への採用が急伸「シールド乳酸菌®M-1」
  5. 自社栽培した冬虫夏草(サナギタケ)を活用した「東方虫草エキス顆粒…
  6. 池田糖化工業、6-ジンゲロール、6-ショウガオールを規格化した「…
  7. 温活素材「ジンジャーエキス」透明タイプ発売―池田糖化工業
  8. 代謝マスタースイッチと肥満抑制スイッチをONにするUKOGIN(…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP