食品素材の記事

アメリカ産フレッシュブルーベリーの生産は良好に推移

USハイブッシュブルーベリー協会(USHBC)は、20日にアメリカ産ハイブッシュ(栽培種)ブルーベリーの2018年の生産状況と輸出量の見込みを発表した。今年は天候による悪影響もなく、果実の品質も良好に推移しているとのこと。

収穫
・アメリカ南部の州 5月に収穫のピークを終えたところ
・西海岸の週 6月から収穫が始まり、9月頃まで続く予定

輸出
・日本はアジアの中で、アメリカ産フレッシュブルーベリーの最大の輸出相手国
・2018年1~3月では、アメリカ産冷凍ブルーベリーとドライブルーベリーの日本への輸出量は昨年同時期比で40%増加しており、フレッシュについても同様の増加が期待されている

USHBCでは「美容と健康」をテーマに様々なプロモーション活動を展開していく予定
・全国の量販店や小売店での店頭試食販売
6~8月 フレッシュブルーベリー、9~12月 冷凍ブルーベリー
・カフェ、ジュースバーなどでの新たなメニュー開発と店舗販売

USハイブッシュブルーベリー協会についてはこちら http://www.usblueberry.jp/

関連記事

  1. タマ生化学、加熱調理できる高濃度EPA/DHA粉末試販へ
  2. 海藻由来アスコフィラン、感染症予防で引き合い
  3. 研光通商、サチャインチプロテイン パワーシェイク新発売
  4. 有胞子性乳酸菌「スポルス®」の便秘改善効果を確認
  5. 日成共益、瀬戸内オリーブ葉粉末の原料販売を開始
  6. 東北製薬グループが合弁でソルビトール生産へ
    自社のビタミン…
  7. ラクトフェリン玉不足問題、長期化へ
    アジア・米国市場への対…
  8. スポーツ向け素材のニューフェイス「オキシストーム」

おすすめリンク先

PAGE TOP