食品素材の記事

キミカ、CMCブランドを立ち上げ

アルギン酸メーカーのキミカは、新たにCMCブランド「キミカCMC」を立ち上げ、水溶性増粘安定剤として商品展開を開始する。

長年培ったアルギン酸の技術ノウハウを活かし、高品質でコストパフォーマンスに優れたCMCを同社独自の品質保証体制で販売していく計画。高粘度から低粘度まで各種取り揃えており、ユーザーの要望に対応していく。

CMC(カルボキシメチルセルロース)はパルプなどから作られるセルロースの加工品で、食品、医薬品、化粧品の増粘剤として、また繊維染色に用いる捺染用糊料や、養殖魚の飼料を結着するバインダーとしても利用されている。キミカCMCは、千葉プラントで最終加工されており、食品用、捺染用、飼料用それぞれの用途に最適な製品をラインナップした。

今後、CMCとアルギン酸との製剤も手がけていく予定。食品分野では飲料やバッターミックスのほか、とろみ剤や嚥下食品用途、介護食関係なども視野に入れ、市場の可能性を探る。

関連記事

  1. タートチェリー粉末をスポーツ・ロコモだけでなく睡眠改善にも
  2. オリザ油化、「花椒オイル」の抗う蝕作用を発見
  3. 全国で採用が広がる「シールド乳酸菌®M-1」
  4. バイオジェニック、美味しさと機能性を兼ね備えた「生プーアル茶エキ…
  5. 植物性ナノ型乳酸菌SNKの抗ストレス作用を確認
  6. レジスタントスターチが腸内環境改善および骨密度低下の抑制に繋がる…
  7. 和歌山県産の梅の種を使った「梅種炭粉末」発売
  8. ウコン抽出物の変形性膝関節症とNASHへの有効性試験

おすすめリンク先

PAGE TOP