食品素材の記事

日成共益、「飲む美容液」としてブームの「ビーフボーンブロス」の取り扱いを開始

日成共益では、「飲む美容液」として話題の「ビーフボーンブロス」の取り扱いを年明けから本格的に始める。

ニュージーランドのグラスフェッドビーフの骨から抽出した成分を原料に、野菜やスパイスで調整してスープに仕上げている(ただし、季節的な要因で補助的な飼料を与えている場合もある)。

Brixは25°、たん白質含量は18%。アミノ酸、グルコサミン、コンドロイチン硫酸、ヒアルロン酸、ビタミン・ミネラルなどの栄養素を豊富に含む。とくにコラーゲンを多く含んでおり、分析値で16%以上。

外食産業などへのスープとしての販売はもちろん、健康・美容スープとしても提案できる。BSEフリー国の原料である点も安心感を訴求できる。既に紹介を始めており、顧客にはかなり好評だという。

関連記事

  1. 守田化学工業とAvansyaが次世代のステビア甘味料「レバウディ…
  2. デュポン、複数菌株・高用量のプロバイオティクス製剤の メリットを…
  3. スイーツやスポーツ分野で広がるパラチノース
  4. DSM、ハイドロコロイド事業を強化
  5. 急騰するビタミンB群相場
     ―中国の環境規制問題が原料メ…
  6. カナダから生鮮チェリーがデビュー 大粒で8月に食べられる「スタッ…
  7. 健康志向の高まりで脚光浴びる「海洋深層水ミネラル」
  8. フラウス―高純度フコキサンチンを本格供給へ

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP