食品素材の記事

日成共益、「飲む美容液」としてブームの「ビーフボーンブロス」の取り扱いを開始

日成共益では、「飲む美容液」として話題の「ビーフボーンブロス」の取り扱いを年明けから本格的に始める。

ニュージーランドのグラスフェッドビーフの骨から抽出した成分を原料に、野菜やスパイスで調整してスープに仕上げている(ただし、季節的な要因で補助的な飼料を与えている場合もある)。

Brixは25°、たん白質含量は18%。アミノ酸、グルコサミン、コンドロイチン硫酸、ヒアルロン酸、ビタミン・ミネラルなどの栄養素を豊富に含む。とくにコラーゲンを多く含んでおり、分析値で16%以上。

外食産業などへのスープとしての販売はもちろん、健康・美容スープとしても提案できる。BSEフリー国の原料である点も安心感を訴求できる。既に紹介を始めており、顧客にはかなり好評だという。

関連記事

  1. キミカ、CMCブランドを立ち上げ
  2. 鶏ムネ肉プラズマローゲン摂取による認知機能低下予防作用を発表
  3. DKSHジャパン、はじけるキャンディーのバルク供給を開始
  4. 食品と開発 ニュース 酪酸菌増殖能に優れるケストースを上市
  5. アメリカ産フレッシュブルーベリーの生産は良好に推移
  6. マリーンバイオ、沖縄サンゴ由来の殺菌乳酸菌「AQuA-35™」を…
  7. 備前化成、ブルーベリー葉エキス末の眼精疲労・ドライアイ改善で特許…
  8. 尿酸値上昇抑制作用で機能性表示を目指す「アンセリン」

おすすめリンク先

PAGE TOP