食品素材の記事

日成共益、「飲む美容液」としてブームの「ビーフボーンブロス」の取り扱いを開始

日成共益では、「飲む美容液」として話題の「ビーフボーンブロス」の取り扱いを年明けから本格的に始める。

ニュージーランドのグラスフェッドビーフの骨から抽出した成分を原料に、野菜やスパイスで調整してスープに仕上げている(ただし、季節的な要因で補助的な飼料を与えている場合もある)。

Brixは25°、たん白質含量は18%。アミノ酸、グルコサミン、コンドロイチン硫酸、ヒアルロン酸、ビタミン・ミネラルなどの栄養素を豊富に含む。とくにコラーゲンを多く含んでおり、分析値で16%以上。

外食産業などへのスープとしての販売はもちろん、健康・美容スープとしても提案できる。BSEフリー国の原料である点も安心感を訴求できる。既に紹介を始めており、顧客にはかなり好評だという。

関連記事

  1. 酸化防止剤 ヤマモモ抽出物の粉末製剤を中食市場へ
  2. ウコン抽出物の変形性膝関節症とNASHへの有効性試験
  3. ゲルプレス製法によるイオタカラギナン「SP-100」を紹介
  4. ノコギリヤシのブレンド品を見分ける検証法を論文発表
  5. 無水マレイン酸・フマル酸事業、製販一体に
    ―扶桑化学工業が…
  6. スイーツやスポーツ分野で広がるパラチノース
  7. 一般食品への採用が急伸「シールド乳酸菌®M-1」
  8. ライコレッド、リコピンについて学べる「リコペディア」開設

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP