食品素材の記事

日成共益、「飲む美容液」としてブームの「ビーフボーンブロス」の取り扱いを開始

日成共益では、「飲む美容液」として話題の「ビーフボーンブロス」の取り扱いを年明けから本格的に始める。

ニュージーランドのグラスフェッドビーフの骨から抽出した成分を原料に、野菜やスパイスで調整してスープに仕上げている(ただし、季節的な要因で補助的な飼料を与えている場合もある)。

Brixは25°、たん白質含量は18%。アミノ酸、グルコサミン、コンドロイチン硫酸、ヒアルロン酸、ビタミン・ミネラルなどの栄養素を豊富に含む。とくにコラーゲンを多く含んでおり、分析値で16%以上。

外食産業などへのスープとしての販売はもちろん、健康・美容スープとしても提案できる。BSEフリー国の原料である点も安心感を訴求できる。既に紹介を始めており、顧客にはかなり好評だという。

関連記事

  1. 緑色ボイル野菜の変色抑制と日持ち向上を兼ね備えた新製剤を上市
  2. レジスタントスターチが腸内環境改善および骨密度低下の抑制に繋がる…
  3. 三栄源エフ・エフ・アイ、パーム油カロテン製品を来年1月より販売
  4. 食品と開発 ニュース イングレディオンのレジスタントスターチ2品、ゼロキロカロリーと認…
  5. 池田糖化工業、乳酸菌とカルシウムを含んだ発酵粉末原料を上市
  6. 筋量増加が示唆された卵白たん白
  7. グルコサミンで膝関節の可動性をサポート
    プロテインケミカル…
  8. 日本人女性による試験で便秘や肌状態の改善結果を得た「乳酸菌20種…

おすすめリンク先

PAGE TOP