食品素材の記事

むずむず脚症候群に対応した大麦エキス発酵物

キティーでは大麦を乳酸菌・酵母・麹で発酵させて低分子化した独自素材「ファーベックスKT」を販売している。ヒト試験ではラクトバチルス属の増殖とバクテロイデス属の減少を確認しており、ビフィズス菌の増殖速度が速いため整腸効果も高い。

大きな特長は、ドーパミン分泌と関係の深いクロストリジウム属菌群が腸内で増殖することでドーパミン分泌が増加すると考えられており、むずむず脚症候群に対応していること。むずむず脚症候群はドーパミン分泌量の減少が一因とされ、就寝時の足のかゆみや痛みなどの不快な症状で、40代以上の女性に多い。ヒト試験では同品の摂取で不快な症状や頻度などの改善が確認されている。

ファーベックスKTの機能研究についてはキティー社のホームページに掲載されています。
http://www.kitii.co.jp/bio/research/ferbex/

※むずむず脚症候群とは、40代以上の女性に多く、主に夜間に、足部に何とも言えない、むずむず、じんじんした不快な感覚やかゆみなどが発生する症状。ドーパミンの機能低下や鉄分不足によって起こると考えられている。ウィキペディアの説明はこちら 

関連記事

  1. 抗アレルギー作用で知られる柑橘「じゃばら」が、抽出物の登場で加工…
  2. ナノ型乳酸菌nEF®のノロウイルス感染防御作用を確認
  3. 扶桑化学工業、果実酸類4月から値上げ
  4. デュポン、植物性食品・飲料向けの乳酸菌カルチャーを発売
  5. 清水化学、顆粒タイプのグルコマンナン100%製品をラインアップ
  6. 日成共益、ソーマチン製剤の日本市場へ
  7. 甲陽ケミカル、グルコサミンを次世代のスポーツニュートリションに提…
  8. 備前化成、ブルーベリー葉エキス末の眼精疲労・ドライアイ改善で特許…

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP