食品素材の記事

レジスタントスターチが腸内環境改善および骨密度低下の抑制に繋がる可能性

J-オイルミルズは、レジスタントスターチの摂取が腸内環境改善を促し、その結果骨密度低下の抑制に繋がる可能性を閉経後骨粗鬆症モデル動物において示唆した研究結果について、国際科学雑誌『Nutrients』に論文発表した。

最近は、骨においても腸管や腸内細菌叢を介した免疫・炎症調節の可能性が示唆されていることから、本研究では、腸内環境を改善する機能を持つ同社のレジスタントスターチ製品「アミロファイバー®SH」を用いて、腸内細菌叢、腸管の免疫および骨髄の炎症関連遺伝子、骨密度への影響を調べた。

試験は、
・RS(レジスタントスターチ)を配合しない飼料の、偽手術マウス群
・RSを配合しない飼料の、閉経後骨粗鬆症モデルマウス群
・RSとしてハイアミロースコーンスターチ配合飼料の、閉経後骨粗鬆症モデルマウス群
・RSとして「アミロファイバー®SH」配合飼料の、閉経後骨粗鬆症モデルマウス群
の4群に分け、2週間および6週間の飼育を行った。

その結果、アミロファイバー®SH配合の飼料群では、
・腸内細菌叢のビフィズス菌増加
・腸内免疫指標となる抗炎症性サイトカインのひとつIL-10遺伝子発現量の増加傾向
・骨髄では、
ーー2週後:エストロゲン欠乏に起因する炎症関連IL-7R遺伝子発現量の増加抑制
ーー6週後:骨の分解を誘導するRANKL遺伝子発現量の増加抑制
・6週後の大腿骨において、RSを配合しない飼料群に比べ、骨密度の低下が有意に抑制

これらの研究結果により、レジスタントスターチ摂取が腸内細菌叢を変化させるとともに、骨髄中の炎症を抑えることでエストロゲン欠乏に起因する骨密度の低下を防ぐ可能性が示唆され、論文発表に至った。

論文タイトル:
Resistant Starch Attenuates Bone Loss in Ovariectomised Mice by Regulating the Intestinal Microbiota and Bone-Marrow Inflammation. Nutrients 2019,11(2), 297

関連記事

  1. BGG Japan、ノコギリヤシエキスを年内に供給開始予定
  2. バイオジェニック、美味しさと機能性を兼ね備えた「生プーアル茶エキ…
  3. ウエノフードテクノ、抹茶食品などの変色を抑える製剤を開発
  4. DSM、「日本人の食事摂取基準(2020年版)」のビタミンプレミ…
  5. IHM、鶏プラズマローゲン含有素材「Plasmax®」を機能性表…
  6. IHMの燃焼系ハーブ「パロアッスル」がAMPK活性化用組成物とし…
  7. おいしさ際立つスーパーフルーツ:コンコードグレープ
    ─注目…
  8. 東洋新薬、食品開発展にてSR完了のターミナリアベリリカやOEMを…

おすすめリンク先

 食品開発展
 Hi ヘルスイングリディエンツ ジャパン
 FiT フード・テイスト ジャパン
 S-tec セーフティ&テクノロジー ジャパン
 NEW LLj フードロングライフ ジャパン
   
 開催:11月16日(月)~18日(水)
 東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP