食品素材の記事

レジスタントスターチが腸内環境改善および骨密度低下の抑制に繋がる可能性

J-オイルミルズは、レジスタントスターチの摂取が腸内環境改善を促し、その結果骨密度低下の抑制に繋がる可能性を閉経後骨粗鬆症モデル動物において示唆した研究結果について、国際科学雑誌『Nutrients』に論文発表した。

最近は、骨においても腸管や腸内細菌叢を介した免疫・炎症調節の可能性が示唆されていることから、本研究では、腸内環境を改善する機能を持つ同社のレジスタントスターチ製品「アミロファイバー®SH」を用いて、腸内細菌叢、腸管の免疫および骨髄の炎症関連遺伝子、骨密度への影響を調べた。

試験は、
・RS(レジスタントスターチ)を配合しない飼料の、偽手術マウス群
・RSを配合しない飼料の、閉経後骨粗鬆症モデルマウス群
・RSとしてハイアミロースコーンスターチ配合飼料の、閉経後骨粗鬆症モデルマウス群
・RSとして「アミロファイバー®SH」配合飼料の、閉経後骨粗鬆症モデルマウス群
の4群に分け、2週間および6週間の飼育を行った。

その結果、アミロファイバー®SH配合の飼料群では、
・腸内細菌叢のビフィズス菌増加
・腸内免疫指標となる抗炎症性サイトカインのひとつIL-10遺伝子発現量の増加傾向
・骨髄では、
ーー2週後:エストロゲン欠乏に起因する炎症関連IL-7R遺伝子発現量の増加抑制
ーー6週後:骨の分解を誘導するRANKL遺伝子発現量の増加抑制
・6週後の大腿骨において、RSを配合しない飼料群に比べ、骨密度の低下が有意に抑制

これらの研究結果により、レジスタントスターチ摂取が腸内細菌叢を変化させるとともに、骨髄中の炎症を抑えることでエストロゲン欠乏に起因する骨密度の低下を防ぐ可能性が示唆され、論文発表に至った。

論文タイトル:
Resistant Starch Attenuates Bone Loss in Ovariectomised Mice by Regulating the Intestinal Microbiota and Bone-Marrow Inflammation. Nutrients 2019,11(2), 297

関連記事

  1. コンビ、ヒト試験で殺菌乳酸菌EC-12が口臭を低下させたデータを…
  2. 太陽化学、グアーガム分解物がアスリートのおなかの不調に有効である…
  3. 減塩と糖質制限についてのトータル提案
    三栄源エフ・エフ・ア…
  4. カフェで砂糖替わりに使えるアガベシロップ個包装タイプ
  5. ミニブック発行で「トレハ」の和食での利用を推進
  6. 打錠用グレードによる打錠サンプル 物産フードサイエンス、エリスリトールの打錠用グレードを発売
  7. ノコギリヤシのブレンド品を見分ける検証法を論文発表
  8. ツルヤ化成工業、食添グレードのアジピン酸のサンプルワークを開始

おすすめリンク先

PAGE TOP