食品素材の記事

GEウェルネス、ユーグレナ新株の大量培養に成功、6月から原料供給を開始

提供元:和歌山県工業技術センター

GEホールディングスのグループ会社GEウェルネスは、和歌山県工業技術センターが発見したユーグレナの新規株をもとに自社で大量培養することに成功し、6月からユーグレナ粉末のサンプルワークを開始する。

ユーグレナは、和名「ミドリムシ」と呼ばれる微細藻類の一種で、光合成をする植物の特性と、運動をする動物の特性の両方を持つ微生物。必須アミノ酸9種をバランスよく含むほか、ビタミン、ミネラル類を多く含んでおり、主要な栄養成分を規格化していく予定である。フレイル予防が期待できるプロテイン高含有の機能性素材として中高年層向けの商材ほか、幅広い提案を行っていく。

国内のユーグレナメーカーは同社で3番目。グループ会社であるビオラボの研究所内に設けた専用培養施設で培養から粉末化に至るまで自社での生産体制を確立し、製品化に漕ぎ着けた。

ユーグレナ新規株「ユーグレナKishu株」は、和歌山県内で発見されたオリジナル株で、従来の「ユーグレナ・グラシリスZ株」と比較し優れた増殖性を有しており、生産効率が高いのが特長。光従属栄養培養法で、無菌状態で培養した緑色の粉末である。青汁の副原料やハードカプセル向けを視野に入れ展開していく。

関連記事

  1. CBC、コスクラ社のエンドウたん白を日本市場で本格展開
  2. 体脂肪減少に役立つアマチャヅル抽出物発売
  3. 抗アレルギー作用で知られる柑橘「じゃばら」が、抽出物の登場で加工…
  4. 沖縄産植物素材を原料とした新ブランド「Charging Plus…
  5. ウイスキー風味やブランデー風味を付与できるオーク抽出物
  6. BGG Japan、ノコギリヤシエキスを年内に供給開始予定
  7. 風味を維持・健康効果も期待できるスイカ抽出物を発売
  8. 日本人女性による試験で便秘や肌状態の改善結果を得た「乳酸菌20種…

おすすめリンク先

PAGE TOP